ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
千々にくだけて

千々にくだけて

 (著)
定価 : ¥172869pt)
出版社 : 講談社
発行年月 : 
ISBNコード : 9784062128841
ページ数 : 165P
平均評価 : 4 レビュー数 : 1
bookDetail_footer

内容紹介

2001年の夏の終わり、20年来定住している日本から母国アメリカへと旅立った主人公は、同時多発テロ発生により経由地カナダで足留めされる。すべての国境が閉鎖され、アメリカへも日本へも帰ることができない状況の中、砕け散った世界のおぞましくも新しいイメージが襲いかかる...。国境を越えて日本語の可能性を開拓してきた作家が、「9・11」後の世界に提示する傑作小説。

著者紹介

リービ 英雄
西洋出身者として初めての日本文学作家。1950年米国カリフォルニア州に生まれる。少年時代から台湾、香港などに移住し、十六歳から日本に住む。以降、日米往還を繰り返し、その間プリンストン大学大学院博士課程修了。プリンストン、スタンフォード大学で日本文学教授を務める。東京に在住。82年、「万葉集」の英訳で全米図書賞受賞。92年、小説デビュー作『星条旗の聞こえない部屋』で野間文芸新人賞受賞

4(4)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:35
    4(4)
    ネタバレ

    その時、飛行機で帰省しようとしていた彼は

    さん
    「世界は文学でできている」で登場されていたリービさんの作品を読んでみました。 「万葉集」で全米図書賞を受賞され、その後日本語で書かれた小説「星条旗の聞こえない部屋」で」小説デビューされたリービ英雄さん。 本作品は実際に作者が体験した9,11、あのアメリカを襲った同時多発テロ事件を描いたものです。 偶然エドワードは里帰りの為にカナダを経由してアメリカに帰る途中でテロ事件に遭遇します。 何故カナダ ... »続きをみる
1件

    最近チェックした本