ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
ジャンル: 新書・文庫  >  文庫  >  日本文学  >  幻冬舎文庫
幼な子われらに生まれ

幼な子われらに生まれ

 (著)
定価 : ¥61624pt)
出版社 : 幻冬舎
発行年月 : 
ISBNコード : 9784877287689
ページ数 : 326P
平均評価 : 4.5 レビュー数 : 2
ブクレポで買うと24ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer
4.5(4.5)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:10
    4(4)
    ネタバレ

     重松さんらしい家族を問うスト…

    さん
     重松さんらしい家族を問うストーリーです。  37歳の再婚同士の妻と妻の連れ子と妻の元に残してきた自分の子供に新たにお腹にいのちの芽生えた子供の狭間で揺れ動く父親、亭主、人間のあり方をじっくりと腰を据えて試行錯誤する様がとっても人間らしくて好感が持てます。  皆、年は重ねて行くけれど解らないことだって、迷うことだってっぱいあるんだよって静かに耳元で囁かれているみたいな感じがします。  家族っ ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:5
    5(5)
    ネタバレ

    再婚し自分と血の繋がった子供と…

    さん
    再婚し自分と血の繋がった子供と連れ子、そして生まれ来ようとしている幼な子の間で『父親』が定まらず揺れる。家族・夫・父親、そのどれもに一生懸命になり過ぎると重荷になってくる。それでも、定義が今ひとつハッキリしない『家族』『夫』『父親』にむかって男は寄り道しながら、途中下車しながら、倒れながら、それでも進んでいく。そんな弱さと強さにふれたとき目頭が濡れてくる。
2件

    最近チェックした本