ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
蝶々夫人

蝶々夫人

 (著)
定価 : ¥151260pt)
出版社 : 中央公論新社
発行年月 : 
ISBNコード : 9784124034707
ページ数 : 246P
平均評価 : 4 レビュー数 : 1
bookDetail_footer

内容紹介

待ち続ける、異国の女。明治の日本に咲いた哀しみの花一輪...。同時収録『トゥーランドット』『ラ・ボエーム』。

著者紹介

里中 満智子
1948年生まれ。代表作に「あした輝く」「アリエスの乙女たち」「あすなろ坂」「海のオーロラ」「マンガギリシア神話 全8巻」「天上の虹」など。作品数は400タイトル以上。マンガジャパン事務局長(社)日本漫画家協会常務理事 文化庁メディア芸術祭運営委員 文化庁文化審議会臨時委員著作権分科会委員 大阪芸術大学芸術学部文芸学科教授 日本ユネスコ国内委員会委員 NHK中央放送番組審議会委員

4(4)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:20
    4(4)
    ネタバレ

    涙とともに<趣味のレポ>

    さん
    マンガ名作オペラ第5巻 この巻はプッチーニのオペラが3作マンガ化されている。 ・『蝶々夫人』 ・『トゥーランドット』 ・『ラ・ボエーム』 作曲年代順に並べるなら『ラ・ボエーム』 → 『蝶々夫人』 → 『トゥーランドット』 となり、『トゥーランドット』はプッチーニの絶筆。 19世紀の半ば過ぎに生まれたプッチーニは、20世紀の初め頃まで活躍したイタリアのオペラ作曲家。 一作ごとのギャランティー ... »続きをみる
1件

    最近チェックした本