ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
ジャンル: 絵本・児童書  >  創作絵本  >  海外古典絵本
ライオンとねずみ イソップものがたり

ライオンとねずみ イソップものがたり

 (原作)  / ジェリーピンクニー (作)  / さくまゆみこ (訳)
定価 : ¥162064pt)
出版社 : 光村教育図書
発行年月 : 
ISBNコード : 9784895728096
ページ数 : 32P
平均評価 : 4.5 レビュー数 : 2
bookDetail_footer

内容紹介

ひるねをしていたライオンのせなかを、ねずみがうっかりかけあがりました。めをさましたライオンは、ねずみをつかまえて、たべようとしました。「たすけてください。きっとごおんがえしをしますから」ライオンはわらって、ねずみをにがしてやりました。ところが、それからまもなくして...。2010年度コルデコット賞受賞。

4.5(4.5)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:0
    4(4)
    ネタバレ

     ライオンのそのリアルさが圧巻…

    さん
     ライオンのそのリアルさが圧巻です。  ほとんど文字のない絵本ですがそれだけに絵か訴えかけてきます。  ねずみを救ったライオンが人間の手に落ちそれを助けようとするねずみ達の活躍がとても頼もしくって素敵です。  百獣の王のライオンがねずみに情けをかけ小さなねずみがその恩を忘れずに捕えられたライオンを救うってファンタジーですよね!!!  
  • thumb
     コメント!:0  あり!:0
    5(5)
    ネタバレ

    カバーの表紙は画面いっぱいに、…

    さん
    カバーの表紙は画面いっぱいに、リアルなライオンの顔。裏には今にも動き出しそうなねずみの姿!本体表紙はライオンとねずみ! 東アフリカ、セレンゲティ国立公園を舞台に、イソップ物語が現代によみがえりました。  この絵本、文字はありません。けれどライオンや野生動物の迫力あふれる絵をみていると、画面の奥から獣たちの雄たけびが聞こえてきそうです。 あなたの言葉で現代の「ライオンとねずみ」を語ってみてはいかがで ... »続きをみる
2件

    最近チェックした本