ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
ムーミン2号さん
bookDetail_header
フランケンシュタイン

フランケンシュタイン

 (著)  / 小林章夫 (訳)
定価 : ¥86434pt)
出版社 : 光文社
発行年月 : 
ISBNコード : 9784334752163
ページ数 : 423P
平均評価 : 3.5 レビュー数 : 1
bookDetail_footer

内容紹介

天才科学者フランケンシュタインは生命の秘密を探り当て、ついに人造人間を生み出すことに成功する。しかし誕生した生物は、その醜悪な姿のためフランケンシュタインに見捨てられる。やがて知性と感情を獲得した「怪物」は、人間の理解と愛を求めるが、拒絶され疎外されて...。若き女性作家が書いた最も哀切な“怪奇小説”。

3.5(3.5)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:50
    4(4)
    ネタバレ

    渇いた孤独

    さん
    「フランケンシュタイン」というと、でかくて醜悪で恐ろしく、情愛のかけらもないような“怪物”をすぐに思い浮かべる。 ところが、「フランケンシュタイン」とはそんな“怪物”を造り出した人物の名前であると知ったのは随分と前なのだけど、それでも「フランケンシュタイン」=“怪物”というイメージはなかなか拭えるずにいる。 それについては、訳者が解説の中でも触れている通り、「19世紀においては数多くの絵画、風刺画 ... »続きをみる
1件

    最近チェックした本