ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
聖夜

聖夜

 (著)
定価 : ¥149159pt)
出版社 : 文藝春秋
発行年月 : 
ISBNコード : 9784163297903
ページ数 : 231P
平均評価 : 4 レビュー数 : 4
bookDetail_footer

内容紹介

少し早い、俺たちだけの聖夜。そのオルガンは、特別な音で鳴った。18歳の少年が奏でる、感動の音楽青春小説。

この本を見た人はこちらの本も見ています

前へ 次へ
1/20
4(4)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:0
    3(3)
    ネタバレ

    あとがきを読むと、音楽と学校と…

    さん
    あとがきを読むと、音楽と学校というテーマの短編集としてスタートしたシリーズ物のようですね。私はkの一冊だけを読んだので、前後の関係がわかりませんが、ものすごく良かったか...と言われると...うーーん、確かに主人公の年代の悩みは共感できるのですが、どことなくしっくりこないというか。たぶん、この作品の年代設定に大きな違和感を感じているのだと思う。 別に今時の高校生と昔の高校生の考えることが天と地ほど ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:0
    4(4)
    ネタバレ

    第二音楽室と同シリーズと言える…

    さん
    第二音楽室と同シリーズと言える本作。 牧師の父と元ピアニストの母を持つ男子高校生が主人公。両親が離婚したことにより、信仰にも音楽にも真っ直ぐに向き合えず不安定な状況。 そんな中、彼が部長を務めるオルガン部で母を思い起こさせる楽曲を弾くことになる。音楽・宗教・友情に恋、そして家族と色んな想いが入り混じりながら自分の気持ちを消化させていっている。読後はほんわか温かくなる話でした。 個人的には第二音楽室 ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:0
    5(5)
    ネタバレ

    「第二音楽室」と同様、音楽と学…

    さん
    「第二音楽室」と同様、音楽と学校を舞台にした小説です。こちらの小説の年代は1980年、ミッション系の一貫校に通う高校生の一哉が主人公です。牧師の息子の一哉がオルガンクラブの部長をしながら、音楽、宗教、友達、家族といった人間関係に苦悩するナイーブな長編小説でした。私は「聖夜」の方が断然好きです。
  • thumb
     コメント!:0  あり!:10
    4(4)
    ネタバレ

    第二音楽室と同じシリーズの学園…

    さん
    第二音楽室と同じシリーズの学園音楽小説。今回はオルガンクラブです。母親が離婚して音楽家のドイツ人と家を出ていきそのことが傷になっている主人公とクラブ員が学園祭でオルガンの演奏会をすることになり、主人公は母親と因縁のある難易度の高い曲の演奏を試みますが直前にドタキャンといろいろドラマがありますが、倶楽部の女の子を含め今どき珍しいような素直でまじめな登場人物が真剣に悩んだり努力したりと読後感のいい小説 ... »続きをみる
4件

    最近チェックした本