ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
なずな

なずな

 (著)
定価 : ¥194477pt)
出版社 : 集英社
発行年月 : 
ISBNコード : 9784087713770
ページ数 : 436P
平均評価 : 4.5 レビュー数 : 2
ブクレポで買うと77ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer

おすすめポイント

生後2ヶ月の女の子と過ごすイクメン小説! 「世界の中心は、いま、《美津保》のベビーカーで眠るなずなの中にある」──ひょんなことから授かった生後2ヶ月の「なずな」。かけがえのない人々と、二度と戻らない日々を描く待望の長編小説。

内容紹介

私は守っているのではなく、守られているのだ、この子に。なずなに。かけがえのない日々とかけがえのない人々を描く待望の長編“保育”小説。

この本を見た人はこちらの本も見ています

前へ 次へ
1/1
4.5(4.5)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:25
    5(5)
    ネタバレ

    生後二か月のなずなと暮らす四十男の日常が柔らかな言葉でつづられた優しい物語でした。

    さん
    なぜなずなを預かることになったのか? 最初は明かされないままにこまごまとした日常での子育てのシーンが、堀江さんの柔らかでみずみずしい言葉でゆっくりと語られていきます。 それは街並みを散策するような穏やかでのんびりとした速度です。 登場人物の印象もやさしくて穏やか。ジンゴロ先生や友柄さんなど心温まる登場人物に囲まれてなずなは成長していきます。近所の喫茶店のママも大事な登場人物です。それに主人公の勤め ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:5
    4(4)
    ネタバレ

    赤ん坊を育てること

    さん
    こどもが生まれたばかりの頃を思い出させる本でした。 あの頃はまるで別世界にいるようで、とても幸せだったなあ。 二度と戻れないあのかけがえのない日々が、とても愛おしくなる小説です。
2件

    最近チェックした本