ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
ジャンル: 新書・文庫  >  文庫  >  日本文学  >  新潮文庫
1Q84 a novel BOOK1前編

1Q84 a novel BOOK1前編

 (著)
定価 : ¥63725pt)
出版社 : 新潮社
発行年月 : 
ISBNコード : 9784101001593
ページ数 : 357P
平均評価 : 4.1 レビュー数 : 7
ブクレポで買うと25ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer

内容紹介

1Q84年―私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう。青豆はそう決めた。Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。彼女は歩きながら一人で肯いた。好もうが好むまいが、私は今この「1Q84年」に身を置いている。私の知っていた1984年はもうどこにも存在しない。...ヤナーチェックの『シンフォニエッタ』に導かれて、主人公・青豆と天吾の不思議な物語がはじまる。

4.1(4.1)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:20
    4(4)
    ネタバレ

    「二人の問題」を同時に扱った実験作

    さん
    『1Q84』(村上春樹) <新潮文庫> 読了です。 まず初めに、章名について。 例えば、「BOOK1 前編」の第1章は目次では次のように書かれています。 ---------- 第1章(青豆)見かけにだまされないように ---------- さて、章名は 「(青豆)見かけにだまされないように」 でしょうか、 「(青豆)」 でしょうか、 「見かけにだまされないように」 でしょうか。  ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:13
    5(5)
    ネタバレ

    チャンドラー風のハードボイルドのエンタテインメント作品。

    さん
    中盤に延々と続く”性”の描写には辟易したが、後半は、チャンドラー風のハードボイルドのエンタテインメント作品。
  • thumb
     コメント!:0  あり!:40
    4(4)
    ネタバレ

    ボールデッドラインの内と外

    さん
    ヤナーチェックの『シンフォニエッタ』。 寡聞にしてこの音楽家を知らず、YouTubeで曲を聴いてみた。 何となく、歪んだ金管楽器がファンファーレを奏でるようで、物語の幕開けを暗示している。 妙に音質の良いカーステレオを持つタクシーの中でこの曲を聴いたとき、知った覚えのない作者名と曲名が頭に浮かんだ青豆は、「首都高速を徒歩で降り、柵を乗り越えていく」という「非日常」を境に、少し歪んだ世界に身を置い ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:10
    5(5)
    ネタバレ

    初村上春樹作品

    さん
    最初から引き込まれたが、だんだんと二つの物語が交錯していくうちに、さらに引き込まれた。 ページをめくるたびにドキドキ。 この交錯した物語が今後どのように展開するのか、早く続編も続けて読みたい。
  • thumb
     コメント!:1  あり!:15
    3(3)
    ネタバレ

    読みやすいけど

    さん
    久々の村上作品。 とても読みやすく、一気に読めてしまいました。 ただ、最後まで、なんでこの本が書かれたのかなぁ?という疑問が残ったまま終わってしまいました。 親子の関係とか、孤立する人間とか、カルト集団とか、社会的な問題とか、要素が沢山ありすぎて、読みやすいのだけど、最終的に私の読解力では ストーリーを追って終わってしまった感じです。 もう一回読めばいいのかなぁ。 (全巻を通しての感想)
  • thumb
     コメント!:0  あり!:6
    4(4)
    ネタバレ

    村上春樹集大成

    さん
    ノルウェイの森、世界の終わりとハードボイルドワンダーランド、羊三部作で衝撃受けた人にも、村上春樹初心者にもおすすめ。非常に安定した文体で心地よく読める。 海辺のカフカやスプートニクの恋人が肌に合わなくて少し春樹から離れてたという人でも懐かしい感触で読めるのではないかと思います。
  • thumb
     コメント!:0  あり!:4
    4(4)
    ネタバレ

    不思議!

    さん
    青豆の登場場面がすごく印象的。言葉使いが不思議だなぁ…。物語はいったいどこへ向かうのか?!
7件

    最近チェックした本