ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
戦争するってどんなこと?

戦争するってどんなこと?

 (著)  / 伊丹はるみ (訳)
定価 : ¥151260pt)
出版社 : 平凡社
発行年月 : 
ISBNコード : 9784582836660
ページ数 : 223P
平均評価 : 5 レビュー数 : 1
ブクレポで買うと60ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer

目次

第1章 日本は戦争できないの?/第2章 戦争ってどんなことするの?/第3章 どうして戦争はなくならないの?/第4章 日本が戦争できる国になったらどうなるの?(なにがどう変わるの?/どんな戦争をすることになるの?)/第5章 沖縄から考えるってどういうこと?/第6章 軍事力で国は守れないの?(軍隊があるほうが危ないの?/非暴力抵抗で国が守れるの?)

内容紹介

軍隊は国や人々を守れるの?それともかえって危険な存在なの?沖縄戦を生き延びた元県知事大田昌秀さんのインタビューも収録。シリーズ第四弾!

5(5)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:2  あり!:45
    5(5)
    ネタバレ

    日本国憲法はみっともなくない

    さん
    アメリカ海兵隊員として沖縄に駐留した経験もあり、現在は沖縄に住む 政治学者であり平和運動家である著者が中学生レベルの質問に答える 形式で戦争について嚙み砕いて話している。 解釈改憲で集団的自衛権の行使(実はすべて個別的自衛権で対応 可能)を可能にしたり、本来とは異なる意味で積極的平和主義を用い たり、特定秘密保護法を成立させたり、共謀罪を作ろうとしたり、何の 根拠もなく「機は熟した」 ... »続きをみる
1件

    最近チェックした本