ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
シロガラス 2

シロガラス 2

 (著)
定価 : ¥97238pt)
出版社 : 偕成社
発行年月 : 
ISBNコード : 9784037502201
ページ数 : 293P
平均評価 : 2.5 レビュー数 : 1
bookDetail_footer

内容紹介

なぞの青い光にうたれた千里たち六人。それからというもの、子どもたちのまわりで、ありえない、小さな事件がつづくようになる。なにがおきているのか?いったい、どうすればいいのか?千里が目撃した幽霊の正体をたしかめるため、六人はふたたび神社の境内にむかうのだが...不思議に遭遇する子どもたちをリアルに描く第2巻。

2.5(2.5)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:33
    3(3)
    ネタバレ

    徐々に姿を現しだす、神社の不思議な出来事

    さん
    前作は星明石と呼ばれる一種御神体(神社を創立した森崎古丹にちなむ薄い石で雷に反応して帯電しさわるとピリピリするのですが)にさわって気を失った六人の子供たちが、その後不思議な体験あるいは能力に気付く過程が描かれています。 千里はテレポートを、星司は動物の心が読めるようになり、美音は人にふれると考えていることが聞こえてくるようになります。 礼生は相手の目をみて命令すると、人を操れるようになり、数斗 ... »続きをみる
1件

    最近チェックした本