ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
「いじめ」をめぐる物語

「いじめ」をめぐる物語

 (著)  / 小田雅久仁 (著)  / 越谷オサム (著)
定価 : ¥151260pt)
出版社 : 朝日新聞出版
発行年月 : 
ISBNコード : 9784022513052
ページ数 : 225P
平均評価 : 4 レビュー数 : 3
bookDetail_footer

内容紹介

荻原浩「サークルゲーム」―中学二年生を担任する矢村琥代。彼女のクラスではいじめが起きているようなのだが...。小田雅久仁「明滅」―祖父の死をきつかけに地元に帰った私は、同級生と蛍を見に行ったあの日を思い出す。越谷オサム「20センチ先には」―クラスメイトからいじめられている僕の前に、現れた「悪魔」が見せる光景とは。辻村深月「早穂とゆかり」―小学校の同級生だった二人。早穂は、塾経営者として成功したゆかりを取材することになり...。中島さなえ「メントール」―由美子と志乃は歌劇団のトップ女優を目指す親友同士だったのだが、やがて...。学校で、職場で、ネット空間で...いじめと関わったことがない人、いますか?いま、この世の中に蔓延する空気を切り取った5つの短編小説。

4(4)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:1  あり!:45
    3(3)
    ネタバレ

    「今この世の中に蔓延する空気を切り取って」何がしたいの?

    さん
    まーちさん、P-mamaさんの二人がすでにレポを書かれています。 現代を彩る問題の一つに「いじめ」があるのは確かでしょう。学校で職場でご近所で、人が集まるところ必ず「いじめ」がうまれしつこく絡んできます。 それだけストレスがたまり、人を踏みつけていないと自分の立ち位置が見つけられない不器用な人が多いのでしょう。それだけ他者との関係性に依存して現代人は生きているのだと、いう言い方もできるでしょう。  ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:60
    5(5)
    ネタバレ

    苦しくて…やりきれない

    さん
    いじめの問題だから当たり前なのだろうが、本当に読んでいて苦しくて、この気持をどうしたらいいのか…ともやもやしてしまう物語ばかりだった。 あらすじはは本の内容紹介を参照してもらえば。 自分の作者の好みもあるのだろうが、荻原浩氏と辻村深月氏の短編が素晴らしかった。 荻原浩氏の「サークルゲーム」はネットに振り回される中学生の話。 いじめをしていた者がある日突然いじられる側に回る、このやりきれなさ。 実 ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:75
    4(4)
    ネタバレ

    手を出すんじゃなかった・・・

    さん
    誤解しないでほしい。レポのタイトル、この作品がつまらなかったというわけではないのだ。むしろ、その逆と言ってもいい。この作品は、タイトルの通り、「いじめ」をテーマにしたアンソロジーである。しかも、全編オリジナル作品という豪華さだ。しかしながら、いじめの話というのは、一つ読むのも、かなりつらいものがある。それが、五つも収録されているのである。読んでいて、本当に苦しくなってきて、読み終わったあとは、食欲 ... »続きをみる
3件

    最近チェックした本