ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
ジャンル: 新書・文庫  >  新書・選書  >  教養  >  生活人新書
スター・ウォーズ論

スター・ウォーズ論

 (著)
定価 : ¥84233pt)
出版社 : NHK出版
発行年月 : 
ISBNコード : 9784140884737
ページ数 : 246P
平均評価 : 3 レビュー数 : 1
ブクレポで買うと33ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer

目次

第1章 スター・ウォーズという文化(まさかの買収劇/一〇億人が体験した映画 ほか)/第2章 映画史におけるスター・ウォーズ(スター・ウォーズ企画を却下した映画会社/配給交渉権の行方 ほか)/第3章 スター・ウォーズは何を描いているのか(スター・ウォーズと歌舞伎/「現代の神話」としてのスター・ウォーズ ほか)/第4章 ルーカスからディズニーへ(1)(作家としてのジョージ・ルーカス/なぜルーカスは娯楽作品に徹したのか ほか)/第5章 ルーカスからディズニーへ(2)(アニメシリーズへの影響/音楽の使い方にみる「ディズニーらしさ」 ほか)

内容紹介

一九七七年の第一作公開以来、世界中にファンを獲得したスター・ウォーズは、映画史に燦然と輝く傑作サーガだ。当初は「ボツ企画」扱いをされた同作は、いかに最強コンテンツへと生まれ変わったのか?日本語字幕監修を務めた著者が、シリーズの全容を明らかにするとともに、ディズニー買収以後の行方を展望する。新書初の本格的スター・ウォーズ論がここに誕生!

3(3)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:30
    3(3)
    ネタバレ

    なるほどね

    さん
    これ、『フォースの覚醒』の前に書かれている本だった。  論っていうよりトリビア的な内容なので、それなりのファンなら、そんなに目新しい内容でもないような気がする。    映画史のなかでスターウォーズが起こした新しいムーブメントとか、西部劇の影響とか黒澤明の影響だとか、そんなとこ。ちょっと面白いなと思ったところは、日本人が言うほど、黒澤明の映画ばかりではないということ。もちろん影響は受けてはいるが、 ... »続きをみる
1件

    最近チェックした本