ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
彼女の家出

彼女の家出

 (著)
定価 : ¥183673pt)
出版社 : 文化学園文化出版局
発行年月 : 
ISBNコード : 9784579304523
ページ数 : 280P
平均評価 : 3.5 レビュー数 : 2
ブクレポで買うと73ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer

目次

1 彼女の家出(おとなの約束/知らんふりの練習/拡大鏡は見た ほか)/2 夜中の腕まくり(みなうつくし/春の断食/本と映画とうまいもん ほか)/3 下着の捨てどき(女の眉について/無駄の効用/五秒ルール ほか)

内容紹介

女50代、しょっぱい現実にどう立ち向かう?いま読みたいエッセイ32編。月刊誌『ミセス』人気連載が一冊に。

3.5(3.5)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:31
    3(3)
    ネタバレ

    年齢とともに書けるエッセイ

    さん
    エッセイストも年齢を重ねる。 月刊誌『ミセス』に連載のエッセイだからやはり年齢なりの現実を直視しないといけない。な〜んて感じのエッセイだった。 表題の「彼女の家出」は突然海外旅行に行ってしまった妻の話。 それは知り合いの男性からの打明け話だったわけなのだが、突然家の事を放り出して旅行に行くようなタイプではない彼女の心を汲んで。 これは無言の攻撃・家出だと。 うーーん、本当にそうなのか? そうだと ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:50
    4(4)
    ネタバレ

    隠れたテーマは「老い」でしょうか。

    さん
    でも「乱暴な読書」の著者はただ老いるなんてしません。やっぱりパワフルです。 元気でいいな~とおもう場面や対処が盛りだくさんの平松風上手な歳の取り方、という印象です。 「拡大鏡は見た」がそれにあたるのですが、視力の衰えを感じ手に入れた拡大鏡。 その前は「化粧をするときメガネをかけないとできなくなった」でもメガネをかけてどうやってアイラインやマスカラを、と感じ拡大鏡にたどり着くのですが、今まで見えてい ... »続きをみる
2件

    最近チェックした本