ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
コンビニ人間

コンビニ人間

 (著)
定価 : ¥140456pt)
出版社 : 文藝春秋
発行年月 : 
ISBNコード : 9784163906188
ページ数 : 151P
平均評価 : 4 レビュー数 : 4
ブクレポで買うと56ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer

内容紹介

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが...。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。

4(4)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:35
    4(4)
    ネタバレ

    3つの疑問

    さん
    芥川賞受賞作にはあまり、というかほとんど興味がわかなかったのだが、『コンビニ人間』については少し、気になっていたところ、先日darklyさんのレポを読んで俄然興味がわいてきて、あるところからお借りして読んでみた。 既にまーちさんのとってもわかりやすいレポもあるので、改めての粗筋などはカットして、気になった点を少し。 ワタシがこの小説で気になったのは次の3つ。 <1>白羽 という男 自分は他 ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:50
    4(4)
    ネタバレ

    いろいろな読み方が

    さん
    芥川賞受賞の有名な小説で既にまーちさんとこたろうさんがレポを書かれていますので、若干気が引けますが、素晴らしい小説だと思いましたので感じたことを中心に書こうと思います。 ストーリー自体は内容紹介でほとんど済んでしまうほど、主人公の日常を描いているだけですが、読みながらこの小説は色々な読み方ができるのではなかろうかと思いました。 まず、現代風刺の側面。主人公は自分はコンビニの部品であると認識し ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:68
    4(4)
    ネタバレ

    社会の「部品」になりたがる人

    さん
    遅ればせながら、芥川賞受賞作品「コンビニ人間」を読み終えました。 複雑な読後感が残りました。 まーちさんが書かれているように、とても読みやすいです。独善的でも独りよがりでもなく、読者が共有できる言葉で作品世界が作り上げられています。当たり前のことではあるのですが、最近の「文学」と称する一部の作品はそのあたりを無視したり、拒絶している感があったもので。 主人公の一種特異性が作品のテーマであり、そ ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:55
    4(4)
    ネタバレ

    “普通”と見られるための苦痛

    さん
    古倉恵子は、“普通”の人たちから見たら、理解できない子どもだった。公園で死んでいる小鳥を見つければ、「これ、食べよう」と言い出す。恵子は、父親は、焼き鳥が好物だし、自分と妹は、唐揚げが大好きなのだから、喜ぶと思ったのである。 小学校で、男子がけんかを始め、「誰か止めて」という声が聞こえれば、用具入れのスコップを取り出し、その男子の頭を殴った。恵子は、止めろと言うので、一番早そうな方法で止めただけな ... »続きをみる
4件

    最近チェックした本