ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
プリズン・ブック・クラブ コリンズ・ベイ刑務所読書会の一年

プリズン・ブック・クラブ コリンズ・ベイ刑務所読書会の一年

 (著)  / 向井和美 (訳)
定価 : ¥205282pt)
出版社 : 紀伊國屋書店
発行年月 : 
ISBNコード : 9784314011426
ページ数 : 445P
平均評価 : 5 レビュー数 : 1
ブクレポで買うと82ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer

目次

墓地でのウォーキング/約束は守られた『スリー・カップス・オブ・ティー』/あなたは正常ですか?『月で暮らす少年』『夜中に犬に起こった奇妙な事件』/Nで始まる差別語『ニグロたちの名簿』/きれいな朝焼けは看守への警告『かくも長き旅』/夏に読んだ本/読書会という隠れ蓑『ガーンジー島の読書会』/グレアムとフランクの読書会『サラエボのチェリスト』/この環境に慣らされてしまったのさ『戦争』/虐待かネグレクトか『ガラスの城の子どもたち』〔ほか〕

内容紹介

読書会運営に関わったカナダ人ジャーナリストによる胸に迫るノンフィクション!彼らが夢中になっているのはもはや麻薬ではなく書物なのだ。囚人たちの読書会。

5(5)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:40
    5(5)
    ネタバレ

    自分の読書への姿勢を反省する

    さん
    『さよならまでの読書会 本を愛した母が遺した「最後の言葉」』 (ウィル・シュワルビ 早川書房)は、癌に罹患した母と、母の治療 に付き添う息子が本について語り合う、たったふたりの読書会の 物語だった。 同じ読書会でも本書の舞台はカナダ・オンタリオ州の中警備刑務所。 夏季を除いて刑務所内で月に一度開催される読書会に出席するのは 勿論囚人たちである。 著者はこの読書会を主催しているキャ ... »続きをみる
1件