ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

 (著)
定価 : ¥194477pt)
出版社 : 幻冬舎
発行年月 : 
ISBNコード : 9784344030039
ページ数 : 507P
平均評価 : 4.8 レビュー数 : 4
ブクレポで買うと77ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer

内容紹介

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作!

4.8(4.8)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:40
    4(4)
    ネタバレ

    神に愛でされし

    さん
    当初は読む予定をしてなかったのだけど、本好きの同僚が借りて読んだら面白かったのでどうぞ、と薦めてくれて、読むことになった。 ピアノ・コンクールに挑む4人(栄伝亜夜:アーちゃん、マサル・C・レヴィ=アナトール、風間塵、高島明石)を中心に、オーディションから本選までの長い長い戦いが描かれている。 2段組み500ページ越え、なのでボケっとしてはいられないと(借りたものなので返却期限というものがあ ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:38
    5(5)
    ネタバレ

    文章で音楽を聴く

    さん
    世界的ピアノコンクールとなりつつある芳ヶ江国際ピアノコンクールにエントリーした4人を軸に物語は進んでいく。 風間塵は天才ピアニスト。 世界的なピアニストである、ユウジ・フォン・ホフマンに彼のたたぐいまれなる才能を見出され、彼の推薦状と共に世にエントリーする。ホフマンに「狭いところに閉じこめられている音楽を広いところへ連れ出してくれ。」と頼まれるが、果たして解放できるのか? ホフマンの推薦状にあっ ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:2  あり!:38
    5(5)
    ネタバレ

    題名がいまいち、伝わってこないけれど……

    さん
    まーちさんも絶賛されていた、国際ピアノコンクールを描いた作品です。 作者の筆はあくまでストレートに音楽に挑む若者とそれを評価するという、困難な仕事を引き受けた審査員を描いています。 異形のとんでもない才能をもった登場人物が、いきなり登場して思いもかけない方向へ物語を引っ張っていく。見たこともない、聞いたこともないやり方なのだけれど、とても魅力的な存在。 そんな物語は、とても素敵な傑作になる要素 ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:2  あり!:50
    5(5)
    ネタバレ

    ブラボー!!!

    さん
    この作品は、ひと言で言えば、国際ピアノコンクールの世界を描いた作品なのだが、コンクールの最中に、事件が起きるわけでもないし、コンクールの裏側のドロドロを描いた話でもない。 この作品の主な登場人物は、4人のコンクール参加者である。 高島明石(あかし)は28歳。応募規定ギリギリの年齢である。彼は音楽に対する気持ちをふっきるために、記念受験のような気持ちで、コンクールに応募した。 栄伝亜夜(えいでん  ... »続きをみる
4件

    最近チェックした本