ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
慈雨

慈雨

 (著)
定価 : ¥172869pt)
出版社 : 集英社
発行年月 : 
ISBNコード : 9784087716702
ページ数 : 330P
平均評価 : 4.3 レビュー数 : 3
ブクレポで買うと69ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer

内容紹介

警察官を定年退職した神場智則は、妻の香代子とお遍路の旅に出た。42年の警察官人生を振り返る旅の途中で、神場は幼女殺害事件の発生を知り、動揺する。16年前、自らも捜査に加わり、犯人逮捕に至った事件に酷似していたのだ。神場の心に深い傷と悔恨を残した、あの事件に―。元警察官が真実を追う、慟哭のミステリー。

4.3(4.3)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:35
    3(3)
    ネタバレ

    愛すべき日本的刑事小説

    さん
    この作者の本を読むのは初めてですが、既にまーちさんとアーミーさんという大御所の方々が素晴らしいレポを書かれています。お二人とも綺麗にまとめられていますので是非そちらを読んでいただければと思います。 調べてはいないのですが、この小説には明らかなモデルがあると思われます。それは足利事件です。女児の殺人事件で菅谷さんが逮捕され、DNA型が一致したことで有罪確定後、再審により無罪が確定した事件です。問題 ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:45
    5(5)
    ネタバレ

    刑事魂に優しい癒しの雨

    さん
    定年退職したもと刑事・神場智則が 妻・香代子と四国巡礼の旅をしながら 過去の自分や事件を振り返るという物語。 神場が現役の刑事だった頃、ある幼女殺害事件が発生した。 神場も担当となり、事件は無事に解決されたが、 現場の捜査員しかわからない痛みと悔恨を残していた。 定年を迎えてもなお神場を苦しめるその悔恨は お遍路の旅に出ても、神場を苦しめている。 そんなとき、あの事件とそっくりな事件が勃発。 退 ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:30
    5(5)
    ネタバレ

    人として・・・

    さん
    神場(じんば)智則は、警察を定年退職したら、どうしてもやりたいと思っていることがあった。それは、四国の巡礼の旅だった。警備会社の幹部として迎えられるまでの期間を利用して、神場は、妻の香代子とともに、四国へと旅立つ。 彼が、四国遍路を行うことにした理由は、自分が関わった事件の被害者の供養のためだった。 しかし、遍路を始めた神場の心をざわつかせる事件が発生する。それは、岡田愛里菜(ありな)ちゃんと ... »続きをみる
3件

    最近チェックした本