ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
まーちさん
bookDetail_header
紙のピアノ

紙のピアノ

 (著)
定価 : ¥172869pt)
出版社 : 双葉社
発行年月 : 
ISBNコード : 9784575240184
ページ数 : 417P
平均評価 : 3 レビュー数 : 1
ブクレポで買うと69ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer

内容紹介

貧しさゆえイジメに遭っていた白石ほのかは、町のピアノ教師・二ノ宮に助けられた。ほのかの音楽的才能を見抜いた二ノ宮は、紙に描いた鍵盤を手はじめに、献身的にピアノを教えこむ。その甲斐あって音大に入ったほのかは、プロのピアニストを目指すため、コンクールに挑むことを決意した。その前に続々と現れる強力なライバル―ほのかは優勝して二ノ宮の想いに応えることができるのか!?

3(3)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:45
    3(3)
    ネタバレ

    読むタイミングが悪かった・・・

    さん
    6歳の白石ほのかは、父親が亡くなり、母親と二人、貧しい生活を送っていた。貧しいことを理由にいじめられていたほのかは、ピアノ教師の二ノ宮に助けられる。 二ノ宮は、ほのかのピアノの才能を見抜き、彼女に、スケッチブックに描かれた、“紙のピアノ”をプレゼントするとともに、無料で、ピアノのレッスンを始めたのだった。 彼女の才能は開花し、奨学金で、日本有数の音大に入学することができた。 そこで彼女は、井沢 ... »続きをみる
1件

    最近チェックした本