ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
ジャンル: 新書・文庫  >  新書・選書  >  ノベルス  >  講談社
神の時空(とき) 〔8〕

神の時空(とき) 〔8〕

 (著)
定価 : ¥103641pt)
出版社 : 講談社
発行年月 : 
ISBNコード : 9784062990929
ページ数 : 305P
平均評価 : 3 レビュー数 : 1
ブクレポで買うと41ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer

内容紹介

松島、天橋立、宮島。日本三景と呼ばれる名勝が次々と倒壊炎上し、篭神社で神職が惨殺される。高村皇らの最大の仕掛けの始まりだった。神々を鎮めるため、辻曲兄妹と関わりのある女性たちが全国の神社に散る。摩季が亡くなり六日目、「死反術」を執り行う期限も迫る。八年前、天橋立で辻曲夫妻を巻き込んだ大事故の真相とは?これまで日本の怨霊を揺り起こしてきた高村皇の真意が明かされる。

3(3)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:45
    3(3)
    ネタバレ

    日本を破滅に導く、驚きのトライアングル!

    さん
    シリーズ最終巻。今回は、日本のさまざまな場所の神社が、次々と破壊されていく。 松島、宮島、天橋立、日本三景が、高村皇(すめろぎ)によって破壊されていく。 辻曲家の彩音たちは、その3つの場所が、地図上で、一直線上に並んでいるということを聞かされる。 しかし、その直線、そこで終わりではなかったのである。 さらに延ばしていくと、大分県の宇佐神宮までつながっていたのだ。 そして、その宇佐神宮にも、高村 ... »続きをみる
1件

    最近チェックした本