ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
ジャンル: 新書・文庫  >  文庫  >  海外文学  >  ハヤカワ文庫
紙の動物園

紙の動物園

 (著)  / 古沢嘉通 (編)
定価 : ¥73429pt)
出版社 : 早川書房
発行年月 : 
ISBNコード : 9784150121211
ページ数 : 263P
平均評価 : 4 レビュー数 : 1
ブクレポで買うと29ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer

内容紹介

香港で母さんと出会った父さんは母さんをアメリカに連れ帰った。泣き虫だったぼくに母さんが包装紙で作ってくれた折り紙の虎や水牛は、みな命を吹きこまれて生き生きと動きだした。魔法のような母さんの折り紙だけがずっとぼくの友達だった...。ヒューゴー賞/ネビュラ賞/世界幻想文学大賞という史上初の3冠に輝いた表題作など、第一短篇集である単行本版『紙の動物園』から7篇を収録した胸を打ち心を揺さぶる短篇集。

4(4)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:35
    4(4)
    ネタバレ

    自身の経歴がバックグラウンドにあるような短編集

    さん
    現代中国の作家による物語を読んだことがないのでよくわからないが、中国の歴史と今が微妙に重なり合う物語が7編入っている。 表題にある  ・紙の動物園 これは中国人の母とアメリカ人の父を持つ少年が、成長するに従って中国人の血が入っていること、中国人である母を忌わしく思い、母親に冷たい態度をとってしまう。その複雑な心境を”包装紙で作ってくれた折り紙の虎や水牛は、みな命を吹きこまれて生き生きと動きだした ... »続きをみる
1件

    最近チェックした本