ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
京都の風水地理学 平安京は正三角形でできていた!

京都の風水地理学 平安京は正三角形でできていた!

 (著)
定価 : ¥86434pt)
出版社 : 実業之日本社
発行年月 : 
ISBNコード : 9784408456386
ページ数 : 193P
平均評価 : 0 レビュー数 : 0
ブクレポで買うと34ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer

目次

第1章 平安京の風水地理学(平安京の正三角形/平安京の六芒星 ほか)/第2章 聖地の風水地理学(蚕の社 水の正三角形/河合神社 火の正三角形 ほか)/第3章 庭園の風水地理学(金閣寺庭園 金閣とはなにか/銀閣寺庭園の謎その一 銀閣寺はなぜこの場所にあるのか ほか)/第4章 天正の都市改造の風水地理学(御土居の形はどうやって決めたのか/天正の都市改造を易で読むとどうなるか ほか)

内容紹介

平安京。条坊や建物はどう配置すべきか?そんなときに参照されたのが五行説だ。万物は木・火・土・金・水のいずれかに属し、それぞれが関係し合う。大路や建物をそれらに見立て、都を造っていったのだ。本書は、五行説の観点から地形や建物の関係性に注目し、なぜそこにあるのか、そこにどんな意図を込めたのかを考察していく。

0(0)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み

この本にはまだブクレポが投稿されていません。