ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
読書で離婚を考えた。

読書で離婚を考えた。

 (著)  / 田辺青蛙 (著)
定価 : ¥162064pt)
出版社 : 幻冬舎
発行年月 : 
ISBNコード : 9784344031340
ページ数 : 326P
平均評価 : 3 レビュー数 : 1
bookDetail_footer

目次

読みますか?読みませんか?/クマと生きる/大阪良いとこ一度はおいで/まだ間抜けじゃない/人生は読めない/牙をむく獣たち/つらい時は脳内妖精との会話で盛り上がろう/ダイエットしないダイエット/ホテル・カリフォルニアからコンニチハ/ハウ・ノウ・ノウハウ〔ほか〕

内容紹介

夫婦のかたちに正解はない。本の読み方にも正解はない。芥川賞作家の夫とホラー作家の妻、相互理解のために本を勧めあった結果―?夫婦の危機を覗き見ながら、読みたい本に出会える、―類まれなる書!

3(3)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:2  あり!:43
    3(3)
    ネタバレ

    夫婦でお互いに推薦する本を選びあってレビューを書くという企画です。

    さん
    円城塔さんと奥様のやはり作家の田辺青蛙(せいあ)さんがそれぞれ相手の夫、妻に一冊読んでほしい本を選んで提示し、期限内に読んでレビューをものするという幻冬舎のウェブマガジンに掲載された「yome yome メオトドクショリレー」を一冊にまとめたものだそうです。 残念なことに円城さんは名前しか知らず、奥様の青蛙さんは全く未知のかたです。 ですが何となく雰囲気が伝わってくるやりとりで、理知的な思考が ... »続きをみる
1件

    最近チェックした本