ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
ヨコハマメリー かつて白化粧の老娼婦がいた

ヨコハマメリー かつて白化粧の老娼婦がいた

 (著)
定価 : ¥237695pt)
出版社 : 河出書房新社
発行年月 : 
ISBNコード : 9784309025933
ページ数 : 326P
平均評価 : 5 レビュー数 : 1
ブクレポで買うと95ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer

目次

第1章 メリーさんとは何者?/第2章 “ヨコハマ”から読み解く近現代/第3章 “メリーさん”の記憶/第4章 ローザとメリー/第5章 港のメリー・ヨコハマヨコスカ/第6章 二人の「マイウェイ」/第7章 伊勢佐木町ブルースが聞こえる/第8章 エピローグ

内容紹介

歴史の中に埋もれていた幕末以来の“娼婦たち”を掘り起こし、一方で“メリーさん”の周辺に生きる人々の人生を見つめた渾身の実録!時代とともに“ヨコハマ”の町が変遷していく姿を背景に、謎めいた“ハマのメリーさん”の鮮烈な全貌を描くドキュメント!

5(5)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:3  あり!:40
    5(5)
    ネタバレ

    メリーさんがいた横浜

    さん
    今でこそ東京から近い観光地で、おしゃれなデートスポットでも ある横浜。でも、私が10代の頃は違った。横浜に長く住んでいた 友人の体験ほどではないが、そこそこに猥雑な街でもあった。 この友人と歩いていた時に一度だけ見掛けたことがあるのがメリー さんだった。真っ白に塗った顔に白のドレス。私はきっとぎょっと した顔をしていたのだろう。 「あれがメリーさん。恐くないよ。昔からこの街にいるお ... »続きをみる
1件

    最近チェックした本