ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
院長選挙

院長選挙

 (著)
定価 : ¥172869pt)
出版社 : 幻冬舎
発行年月 : 
ISBNコード : 9784344031593
ページ数 : 285P
平均評価 : 4 レビュー数 : 1
ブクレポで買うと69ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer

内容紹介

国立大学病院の最高峰、天都大学医学部付属病院。その病院長・宇津々覚が謎の死を遂げる。「死因は不整脈による突然死」という公式発表の裏では自殺説、事故説、さらに謀殺説がささやかれていた。新しい病院長を選ぶべく院長選挙が近く病院内で開かれる。候補者は4人の副院長たち。「臓器のヒエラルキー」を口にして憚らない心臓至上主義の循環器内科教授・徳富恭一。手術の腕は天才的だが極端な内科嫌いの消化器外科教授・大小路篤郎。白内障患者を盛大に集め手術し病院の収益の4割を上げる眼科教授・百目鬼洋右。古い体制の改革を訴え言いにくいこともバンバン発言する若き整形外科教授・鴨下徹。4人の副院長の中で院長の座に就くのは誰か?まさに選挙運動の真っ盛り、宇津々院長の死に疑問を持った警察が動き出した...。

4(4)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:43
    4(4)
    ネタバレ

    「白い巨塔」ではなく、「面白い巨塔」

    さん
    この作品、「白い巨塔」のような感じの話なのかと思ったのだが、まったく違っていた。「白い巨塔」を期待して読むと、がっかりするかもしれない。 舞台は、国立大学病院の最高峰・天都大学医学部付属病院。 その病院の院長が急死したため、院長選挙が行われることになる。 候補者は、4人の副院長たち。 一方、ノンフィクションライターの吉沢アスカは、「医療崩壊」をテーマにした作品を書こうと意気込んでいた。 そ ... »続きをみる
1件

    最近チェックした本