ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
神(カムイ)の涙

神(カムイ)の涙

 (著)
定価 : ¥172869pt)
出版社 : 実業之日本社
発行年月 : 
ISBNコード : 9784408537122
ページ数 : 409P
平均評価 : 4 レビュー数 : 1
ブクレポで買うと69ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer

内容紹介

北海道東部に位置する屈斜路湖。アイヌの木彫り作家・平野敬蔵と中学3年の孫娘・悠の家に、尾崎雅比古と名乗る若い男が訪ねてきた。「弟子にしてください」と懇願。初めは煙たがられていたが、敬蔵から木彫りを教わり、山に入るようになる。しかし、雅比古には誰にも明かせない過去があった。ある日、事件が起こる―。自然を尊んで生きる敬蔵、アイヌから逃げ出したい悠、自らの原点を探す雅比古。故郷とは、家族とは、今を生きることとは...。さまざまな葛藤を抱える現代人に贈る、感動のヒューマンドラマ!

4(4)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:30
    4(4)
    ネタバレ

    アイヌの血

    さん
    北海道の東部、屈斜路湖のほとりに暮らす、アイヌの木彫り作家・平野敬蔵。そして、交通事故で両親を喪い、祖父である敬蔵に引き取られた、中学3年生の悠。 そんな彼らの家に、尾崎雅比古と名乗る青年が、突然訪れる。 彼は、敬蔵の弟子になりたいと言うのだが、あっさり断られてしまう。 仕事も辞め、住むところもないという尾崎。 そんな二人を、たまたま、敬蔵の家を訪れていた、阿寒湖の高級ホテルの社長である浦野がとり ... »続きをみる
1件

    最近チェックした本