ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
ジャンル: 新書・文庫  >  新書・選書  >  耽美  >  耽美その他
犬と小説家と妄想癖

犬と小説家と妄想癖

 (著)
定価 : ¥91836pt)
出版社 : ビブロス
発行年月 : 
ISBNコード : 9784835215983
ページ数 : 234P
平均評価 : 4 レビュー数 : 1
bookDetail_footer

内容紹介

自分のせいで怪我をした親友・不破の仕事を手伝うことになった鮎川。しかし、その手伝いの内容は、官能小説の口述筆記!!平静を装いつつも、不破のくちびるから紡ぎ出される快楽の世界に、忘れたふりをした不破の指の熱さや吐息の感触を意識して、鮎川の頭の中は大混乱...!!透明に揺れる想いと嵐のように募る恋情を描いて大好評、高遠琉加の第二弾BBNは、甘~い初H書き下ろしつきで登場。

4(4)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:0
    4(4)
    ネタバレ

    大学時代の同窓生で官能小説家×…

    さん
    大学時代の同窓生で官能小説家×数学教師というカプです。とんでもなく臆病な数学教師が、一生懸命自分の心と向き合っていく様子が丁寧に分かり易く描かれていると思います。怯えてニャアニャア泣く子猫のまわりを、大型犬が困ったように低く唸りながらグルグル回っている感じです。(笑)
1件

    最近チェックした本