ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
ICO 霧の城

ICO 霧の城 ‐ 霧の城

 (著)
定価 : ¥194477pt)
出版社 : 講談社
発行年月 : 
ISBNコード : 9784062124416
ページ数 : 537P
平均評価 : 2.8 レビュー数 : 4
ブクレポで買うと77ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer

内容紹介

何十年かに一人生まれる、小さな角の生えた子。頭の角は、生贄であることの、まがうことなき「しるし」。十三歳のある日、角は一夜にして伸び、水牛のように姿を現す。それこそが「生贄の刻」。なぜ霧の城は、角の生えた子を求めるのか。構想三年。同名コンピュータゲームに触発されて、宮部みゆきがすべての情熱を注ぎ込んだ、渾身のエンタテインメント。

この本を見た人はこちらの本も見ています

前へ 次へ
1/20
2.8(2.8)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:3
    5(5)
    ネタバレ

    綺麗

    さん
    読み終えて真っ先に浮かんだ感想は「綺麗」。 イコの村や石の街、塔に過去の国、岩にぶつかって消える水しぶき……。とにかく全てが美しく、自分がその場にいるような感覚になった。 始終安定していて、一度も手を止めることなく読むことが出来た。 イコの前向きさと純粋さに心が温かくなった。
  • thumb
     コメント!:0  あり!:0
    3(3)
    ネタバレ

    いつだかわからない時代、どこだ…

    さん
    いつだかわからない時代、どこだかわからない場所。 「霧の城」に生贄を差し出すことで、安定を保っている世界が舞台です。 トクサ村という辺境の地で、角を持って生まれてくる・・・それが生贄のしるしです。生まれたときから「ニエ」として育てられ、十三の歳に世界の理を教え込 まれ、霧の城へと送り込まれる・・・。 トクサに生まれた少年イコも、運命を黙って受け入れるはずでした。これまでのニエと同じように。 と ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:0
    2(2)
    ネタバレ

    ゲーマー宮部さんが大好きだと言…

    さん
    ゲーマー宮部さんが大好きだと言う(当時)ゲームの小説化。 ゲームをやっていないからかもしれませんが、イマイチ楽しめませんでした。 淡々とストーリーが進んでいって感情移入がしにくい。 原作になったゲーム自体もそういった静かな雰囲気のゲームらしいので、忠実なのかもしれませんが・・・ゲームやった人は楽しめるかも?ですね。
  • thumb
     コメント!:0  あり!:0
    2(2)
    ネタバレ

    イコの純粋さが、心温まるお話だ…

    さん
    イコの純粋さが、心温まるお話だし、どんなことにも立ち向かう前向きさには心洗われる。ファンタジー好きにはいいのかもしれない。私は苦手
4件

    最近チェックした本