ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
ぴかくんめをまわす

ぴかくんめをまわす

 (著)  / 長新太 (画)
定価 : ¥97238pt)
出版社 : 福音館書店
発行年月 : 
ISBNコード : 9784834000887
平均評価 : 4.5 レビュー数 : 2
ブクレポで買うと38ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer
4.5(4.5)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:5  あり!:28
    5(5)
    ネタバレ

    人生で二度出会えた素敵な絵本・・・の1つ

    さん
    子どもの頃に買ってもらった「こどものとも」の一冊。多分、毎月一冊ずつ手元に届いたんだろう。この作品以外は数冊しか記憶にないので、一年くらいしか継続しなかったのかもしれない。 これは信号機のハナシである。信号機が忙しすぎて、混乱して、目を回してしまう物語。名前が「ぴかくん」とあるように、擬人化されていて、幼かったワタシは人のような、機械のような「ぴかくん」に相当思い入れ、「かわいそうに」とか思ったの ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:0
    5(5)
    ネタバレ

     ぴかくんは信号機なんです。こ…

    さん
     ぴかくんは信号機なんです。この絵本の発行は結構古くて1966年。松居正さんの文と長新太さんの絵という贅沢な一品です。  当時の都会の1日を描いており、ぴかくんはその中に組み込まれて一生懸命働いています。働きすぎて故障したのを、「目をまわす」という表現にしたところが私は好きですね。  街の様子は多少古くとも、中身は今なお新鮮なまま!  声を大にして語らなくても、交通ルールをそれとなく教えてくれる ... »続きをみる
2件

    最近チェックした本