ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
bookDetail_header
八郎

八郎

 (著)  / 滝平二郎 (画)
定価 : ¥129651pt)
出版社 : 福音館書店
発行年月 : 
ISBNコード : 9784834001143
ページ数 : 31P
平均評価 : 4.5 レビュー数 : 2
ブクレポで買うと51ポイント還元!
カートに入れる
まれに在庫状況の変動により1週間ほどお時間をいただく場合がございます
bookDetail_footer
4.5(4.5)
あり!
btNiceRight
0
btNiceLeft
評価で絞り込み
  • thumb
     コメント!:0  あり!:5
    4(4)
    ネタバレ

     秋田弁で語られた物語は人に…

    さん
     秋田弁で語られた物語は人により読み難いかもしれませんね。  方言大ー好きな私は思わず口ずさんで読みたくなるような絵本でしたが・・・  八郎潟に纏わるお話ですが、実は人が八郎と言う名の龍に姿を変えられて放浪した末に、棲家として選んだと言う伝説の方が有名な気もするのだけれど。。。  まあ、しかしこの本の持つ威力は大きくないと願い本当に巨人の様になった八郎が、ちいさな男の子の涙を見てその涙を止 ... »続きをみる
  • thumb
     コメント!:0  あり!:10
    5(5)
    ネタバレ

    私たちひとりひとりに存在価値が…

    さん
    私たちひとりひとりに存在価値がある。意味がある。けれど、存在価値も生きている意味もわからなくなる時も、わからないまま過ごすこともある。  「村の人たちを助けたい、泣いている子どもの力になりたい。」と心底思ったときに八郎は、大きく育った意味と自分の生まれ来た意味を悟る。  生きる意味に首を傾げる時、人間関係や仕事に疲れたり、自信を失ってしまった時、八郎は絵本の中から私たちに力強く語ってくれる。そして ... »続きをみる
2件

    最近チェックした本