ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
D_M_B_Qさん 
0 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
マジで怖い。読んだら呪われた気… » « 芥川賞受賞作はあまり好きな作品…
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
新潮社
2008年 09月 発売
287P
9784101166421

内容紹介

禁じ手を使う、裏をかく、不意をつく。「王道では生きられなかった男」が、小説家以前のコピーライター時代に手がけた、「かねてつ食品」の新聞広告。その破天荒なスタイルに、当時、誰もそれを広告とは思わなかった。「広大な道にいると不安で身の置き場所がなくなり、暗い路地へ路地へとはいっていく」という、自称ドブネズミのごとき習性で、数々の逸話を残した永遠の神童。その原点ともいえる、伝説のデビュー作。

著者紹介

中島 らも:1952年兵庫県生れ。大阪芸術大学放送学科卒業。印刷会社勤務、コピーライターをへて、作家に。小説、エッセイ、戯曲、コント、落語など、幅広い分野の作品を多数発表。1984(昭和59)年から10年間、朝日新聞で「明るい悩み相談室」を連載して注目される。’92(平成4)年『今夜、すべてのバーで』で吉川英治文学新人賞、’94年『ガダラの豚』で日本推理作家協会賞長編賞を受賞。’86年には劇団「笑殺軍団リリパット・アーミー」を旗揚げ、’96年にはロックバンド「PISS」を結成。その活動は多岐にわたった。2004年7月26日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次

かねてつ企画書/ごぼてん編(微笑家族/苦笑マンガ ご・ぼ・て・ん/中島らも4コマ傑作選/啓蒙かまぼこ新聞・号外版)/ちくわ編 啓蒙かまぼこ新聞・社説(発刊にあたって/陰鬱なる魚の呟き/広告私物化問題を考える/チクワを誉める ほか)

バンドブームの頃に宝島読み漁っ…

5

バンドブームの頃に宝島読み漁ってた人々へ…
+5あり! +3あり! +1あり!
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  中島らもの書籍のブクレポ

結構危ない対談集
その辺の問題
5
あり!:43     コメント:0
笑えました
中島らものさらに明るい悩み相談室
5
あり!:24     コメント:0