ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
つくしぃさん 
8 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
精神病を題材にした、アホ医師と患者の物語!? » « とにかく普通でとにかく異常、「一般人」に薦めたい迷...
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
集英社
2011年 05月 発売
233P
9784087466959

内容紹介

人生にも恋愛にも退屈していた二十歳の夏、「娼夫」の道に足を踏み入れたリョウ。所属するボーイズクラブのオーナー・御堂静香が摘発され、クラブは解散したが、1年後、リョウは仲間と共に再開する。ほどなく静香も出所するが、彼女はエイズを発症していた。永遠の別れを前に、愛する人に自分は何ができるのか?性と生の輝きを切なく清澄にうたいあげる、至高の恋愛小説。傑作長編『娼年』続編。

娼年から逝年へ(前作「娼年」ネタバレ有り)

5

娼年から逝年へと、主人公リョウは心身ともに成長していく。
「娼年」の続編なので、そちらを読んでから本書を読んでほしい。
伴って、このレビューでも「娼年」の結末について触れているので、前作未読の方は読んでから見てほしい。




HIVに感染した御堂静香。
前作の終盤で逮捕されてしまった彼女は、独房の中で少しずつ衰弱していく。
エイズを発症し、彼女が死んでしまう(プロローグで提示されており、ネタバレではないのでご安心を)までの、リョウや同僚たちからの、最後のもてなし。

苦しく、胸が詰まってしまうような話ではあるが、決して悲しいわけではない。

「誰でも身近な人に死なれたことがある人なら、ぼくのいうことはわかってもらえると思う。人は死なない。ただ消え去るだけだ」

美しい描写がたくさん散りばめてあり、セックスの描写なども欲望だけの書き方ではなく、絵画のように描かれている。
ジャンルも方向性も全く違うが、乾くるみ「イニシエーション・ラブ」という作品のセックス描写とは比べものにならない美しさだ(といっても、乾氏の作品も私は好きである)。


230ページほどしかない短い作品だが、詰まっている物語はとても濃い。
前作「娼年」を読んだなら、必ずこの作品も読んでもらいたい。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
引用文
「誰でも身近な人に死なれたことがある人なら、ぼくのいうことはわかってもらえると思う。人は死なない。ただ消え去るだけだ。」  (224P)
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

傑作性愛小説『娼年』その後。 …
amyuさん
4
あり!:0     コメント:0