ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
まーちさん 
22 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
憎めないキャラクター » « アラサーの方たちの感想を聞いてみたいです
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
講談社
2011年 10月 発売
280P
9784062173223

内容紹介

どう見てもたよりない指揮者と、あまりに濃いメンバー。偶然、オルケストラ神戸に足を踏み入れた明菜だが、そこで封印していた「音楽」への思いを呼びさまされ―。笑いがいつしか感動になる、猪突猛進・情熱物語。

読み終わってから、しばらく余韻に浸ってしまいました

5

訳あって会社をくびになった女性が、神戸の海岸で偶然老人と出会い、京都からある男性を連れてくることを依頼されます。実はこの男性、隠遁生活を送っていた、元世界的指揮者だったのです。依頼した老人は、崖っぷちのオーケストラの生みの親。女性は、話の流れで、オーケストラの事務職員として働くことになります。話のテンポがとても良く、思わずクスっと笑ってしまうようなフレーズがところどころにちりばめられています。女性、男性、老人には、それぞれが背負っている過去の記憶や思いがあり、話が進んでいくとともに徐々に明らかになっていきます。終盤のコンサートの場面からは、笑いの要素は封印され、クライマックスに向かっていきます。コンサートの場面では、思わずドキドキしてしまいました。私は音楽好きなので、どっぷり浸ってしまいました。あらすじをあまり詳しく書いてしまうと面白くなくなってしまうと思いますので、これくらいにしておきますが、この作品は、オーケストラの再生と、女性と男性の心の再生、そして老人の約束の実現の物語です。私のつたない文章力では、この作品のすばらしさを伝えきれないのが残念です。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
引用文
「希望が現実に変わっていくと、だんだん景色がモノクロになっていく」  (233P)
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

とらのゆめさんがこのブクレポにコメントしました

とらのゆめ
とらのゆめさん2012-02-12 17:23:16

心が温かくなる物語好きです。特に、寒い季節は。燗より良いかも。 嘘です 熱燗の次の次の次ぐらいかなぁ、でも好きです。「アリ」

 まーちさんのブクレポ

実際に神様は登場しませんが・・・
図書館の神様
4
あり!:11     コメント:0
この人らしい作品です。
境遇
3
あり!:11     コメント:0
微妙・・・
眩暈
3
あり!:5     コメント:0

 この書籍のブクレポ

漫画っぽい
とまとさん
3
あり!:16     コメント:0

  塩田武士の書籍のブクレポ

事件の内容を徐々に思い出しました。
罪の声
4
あり!:55     コメント:0
もう一ひねりほしかったかも
崩壊
3
あり!:58     コメント:6
「会社は人が宝」
ともにがんばりましょう
3
あり!:56     コメント:4