ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
赤い薔薇さん 
14 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
タイトルに惹かれました » « ベジタリアンは広まっている?
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
講談社
2011年 05月 発売
349P
9784062881005

内容紹介

日本人の神様とGODは何が違うか?起源からイエスの謎、近代社会への影響まですべての疑問に答える最強の入門書。挑発的な質問と明快な答え、日本を代表する二人の社会学者が徹底対論。

目次

第1部 一神教を理解する―起源としてのユダヤ教(ユダヤ教とキリスト教はどこが違うか/一神教のGodと多神教の神様/ユダヤ教はいかにして成立したか ほか)/第2部 イエス・キリストとは何か(「ふしぎ」の核心/なぜ福音書が複数あるのか/奇蹟の真相 ほか)/第3部 いかに「西洋」をつくったか(聖霊とは何か/教義は公会議で決まる/ローマ・カトリックと東方正教 ほか)

西洋社会の根本

5

私たちの生活する社会は「近代社会」といわれる。
その近代社会というのは、「西洋的社会」というのが現時点でのスタンダードである。
西洋の文明が発展して、世界を包み込み、現代社会を作りあげていった。
過去における日本の発展、明治期以降は西洋化によるものだったように。

では、その西洋とは一体何であろうか。

技術の裏には必ず思想がある。開発、発展させるに至る根本的思想が。
つまり西洋においては「キリスト教」的なものである。

技術だけを取り入れて使うことは簡単だ。しかし、技術だけでは本当に理解することはできないのではないか。

東洋で、日本で生まれ育ってきた者が、西洋的思考を根本から理解することはできないが、近代社会を作ってきたものを理解したいとも思うのである。


本書では、西洋の基となるキリスト教について対談形式で論じている。
第1部はキリスト教の基本であるユダヤ教について。
第2部はキリスト教の核心、イエスについて。
第3部はキリスト教の歩みと西洋社会の成り立ちについて。

マックス・ヴェーバーの著書にも触れながら、聖書のふしぎな点などをわかりやすく、鋭く、論じているのでは。

キリスト教について、入門書では物足りないけれど、専門書では難しすぎるという方に良いかと。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

赤い薔薇さんがこのブクレポにコメントしました

赤い薔薇
赤い薔薇さん2011-12-03 21:30:54

>>ランピアン様 ありがとうございます。普段接しているものの多くが、認識していなくても西洋思想由来のものですよね。現代社会は西洋文明だけではなくなっていますが、この理解なくして現代社会は見えないとも思います。

ランピアンさんがこのブクレポにコメントしました

ランピアン
ランピアンさん2011-12-03 19:56:41

ニーチェやロレンスは民主主義はキリスト教の頽落形態だと言いましたし、資本主義にも、また科学の発達にも深い関係がありますから、キリスト教への理解は西洋文明理解の必須の条件ですね。

 赤い薔薇さんのブクレポ

彼らは存在したかもしれません。
黒執事 8
5
あり!:11     コメント:0
悪魔の囁き
黒執事 7
5
あり!:11     コメント:0
サーカス団!?
黒執事 6
5
あり!:11     コメント:0
赤き貴婦人。
黒執事 3
5
あり!:8     コメント:0

 この書籍のブクレポ

宗教が世界の思想を構成している
p-mamaさん
5
あり!:50     コメント:0
知らなかった!
darklyさん
4
あり!:12     コメント:0

  橋爪大三郎の書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

橋爪大三郎の書籍一覧へ