ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
Aokiさん 
106 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
あまり深読みすると大変なことになる!? » « 読後の余韻のなかで恋愛の行方に思いを馳せる...。
book_report_header

書誌データ

絵本・児童書
講談社
2001年 04月 発売
25P
9784061892125

内容紹介

ふだんは忘れてしまっている「大切なこと」に気づかせてくれる絵本。乙武洋匡、はじめての「翻訳」。

著者紹介

クリスチャン・メルベイユ:1949年、ベルギー生まれ。子供向けの音楽、演劇、出版などで幅広く活躍するマルチアーティスト。音楽では、これまでに10枚以上のアルバムを発表し、94年に「Chut, Faut rien dire...」でゴールド・レコード賞を、またその活動への評価としてベルギー芸術協会(SABAM)の児童賞を受賞する。年間に約150回、演劇の公演をおこない、フランス語圏の子どもたちとその親に高い支持を得ている。また、子供向けの雑誌・絵本でも数多く活躍中。テレビ・ラジオ出演も多数

ジョス・ゴフィン:1938年、ベルギー生まれ。ブリュッセルでグラフィックデザインを学んだあと、パリの出版社、広告代理店でアートディレクターとして働く。その後、62年にブリュッセルに戻り、イラストレーター、デザイナーとして独立。その活動は雑誌の表紙、レコードのジャケット、CM、絵本など多岐にわたり、現在ではヨーロッパでも指折りのグラフィック・クリエーターとして認められている。その国際的な活躍によって、国際デザイナー・アートディレクター協会から数々の賞を受けている

乙武 洋匡:1976年4月6日、東京都生まれ。「スポーツのすばらしさを伝えたい」との思いからはじめた「Number」(文芸春秋)の連載、スポーツキャスターとしての「スクープ21」(テレビ朝日系)出演などが、現在の活動の中心。絵本『プレゼント』の出版(中央法規出版)や、「小学一年生」(小学館)での連載など、子どもたちにメッセージを発信することにも力を入れている。著書に、自身の生い立ちをユーモラスに綴った『五体不満足』(講談社)、「ニュースの森」(TBS系)におけるキャスターとしての経験をまとめた『乙武レポート』(講談社)がある

互いを生かす「俺とおまえは違う」であってほしい。

5

ままんまる家族の中にしかくい“かっくん”が生まれる。まんまる親子は小さい、大きい、痩せと太っちょ、色もみんな違うけれどまんまる。似て非なるものだが、明らかに違うとやっぱり仲間から外れてしまう。

 親の目線、兄弟の目線、“かっくん”の目線、ぶつぶつおじさんの目線。どの目線で読み、考えるかによって受けるメッセージが違ってくるし、読み手の心の位置が見えてもくる。

 個性を認めるって大事だとみんなわかってる。けれど現実は異質な人を認めるよりも遠ざけてしまいがち。私たちの暮らす社会は個の尊重を叫びながらも、多数決で概ね動くのが現実である。それを否定しようとは思わないが、個と個のレベルで「俺とおまえとは違う」そう言って切り捨ててしまっていることがあるとすれば、少し考えてみる必要がありはしないか。互いを生かす「俺とおまえは違う」であってほしい。

 “かっくん”は彼なりに悩み,苦しむ。それでも兄弟たちの後を追っていく、実に控えめに。そんなある日、“かっくん”の持っている個の素晴らしさに兄弟たちは気づき認めあっていく...。

 家族の、社会の一員として自分を顧み、成長させていく努力は必要だと思いますし、協調していくことも大切なことです。その基盤に、それぞれがみんな違うこと、輝く個性をしっかりと認め、認めさせ、受け入れていくことがあってこそだと思います。

 かっくんの諦めずに過ごす力強さの背後に「君はみんなと形は違うけど、お父さんとお母さんは君のことが大好きだよ」の愛に支えられているのだと思う。
「みんなそれぞれ違うんだ。違うことは悪い事じゃない。それは個性なんだ」と、ブレずに受け止めることができる大人でありたい。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
タグ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

Aokiさんがこのブクレポにコメントしました

Aoki
Aokiさん2012-03-21 20:24:07

>>ランピアンさん
最初にランピアンさんに見つかるなんて...。びっくりするやら嬉しいやら恥ずかしいやら...。あらためてありがとう。
それにしても隈無くご覧になっているんですね。これだもの、ランピアンさんがラインに参上しないと淋しくなってしまうんだよねぇ。

ランピアンさんがこのブクレポにコメントしました

ランピアン
ランピアンさん2012-03-20 21:37:03

Aokiさん、「仕事力向上ベストエピソード賞」受賞おめでとうございます。力作でしたからね。

hi2515さんがこのブクレポにコメントしました

hi2515
hi2515さん2012-02-17 09:42:16

ランビアンさんへ
なるほど!そう言う事も言えるのかもしれません。私は“個性”の育つ過程に違いを感じていました。
日本は士農工商と言う階級差別があって、そこから来る特権階級って今尚残っている気がするのです。
単一民族であり、他国と海を隔てていると言う環境もあり、宗教も根付かない国でしたから深ーい確執はそう単純に解決される問題ではなさそうです。
グローバル化が叫ばれて久しいですが本当の意味での他者との違いが時間をかけて育っていくことを期待しいます。

ランピアンさんがこのブクレポにコメントしました

ランピアン
ランピアンさん2012-02-15 21:58:36

>>hi2515さん
「個性の尊重がいわれるのに何故」に同感です。多分それは日本でいう「個性」が一種の商品、売るための「個性」だからでしょう。つまり、スポーツや音楽の天才だとか、青年起業家だとか、「情熱大陸」という番組がありますが、あれに出てるような人が「個性的」なんですね。マスコミは商売だから目立つ、売れる個性しか取り上げないわけです。なら、特に才能のない大多数の人間は「無個性」なのか?私は「個性」という言葉が嫌いなので殆ど使いません。代わりに「個」ということにしています。「個」とは、決して他人と交換できない、自分が自分でしかありえないことです。欠点も長所も、全て包含したものとしての。

Aokiさんがこのブクレポにコメントしました

Aoki
Aokiさん2012-02-16 06:12:38

>>ランピアンさん まさにそうですね。
個性がマスコミによって商品化され私たちはそれを鵜呑みにし、わけありは排除されている。
だからこそ、ブレない大人でありたい。

アーミーさんがこのブクレポにコメントしました

アーミー
アーミーさん2012-02-15 17:22:24

絵本だけれど、その内容はけっこう深いですね。ここでも個性が出てきました。とても大事にしていきたいものなのだと思いました。

アーミーさんがこのブクレポにコメントしました

アーミー
アーミーさん2012-02-15 18:44:29

>>Aoki
「親の心子知らず」…それはそうですね。でもまあ、自分もそうだったのだからと、このあたり目をつぶっています。Aokiさんの読書に対する姿勢を見ていればお子さんも分かってくると思いますよ。

Aokiさんがこのブクレポにコメントしました

Aoki
Aokiさん2012-02-15 18:29:48

>>アーミーさん
人から教わる事も大切だと思います。が、どうしても上から目線で捉えられがちで反発も生まれる。家の子どもたちがそうですから(笑)。でも、本から教えられるのって、その時々に応じてジワーって沁みこんできます。そんな経験を子どもたちにもして欲しいなぁと思ってはいるのですが、親の心、子知らずで..。

アーミーさんがこのブクレポにコメントしました

アーミー
アーミーさん2012-02-15 18:19:25

>>Aoki
小さな子供でも理解できるようなことが絵本に隠されているのですね。これからの子供たちは、人から教わるのでなく、本を読んで自ら悟るような人に育てたいですね。

hi2515さんがこのブクレポにコメントしました

hi2515
hi2515さん2012-02-15 17:32:11

Aokiさんらしい御本の選択に微笑みこぼれて来ます。
個性の尊重はとても大切な事ですが、果たして我が国は本当にそうかなあ?って首をひねりたくなる事ってたくさんあります。
右へならえ的に他者と余り変わらずにいる事が物議を醸さない生き方でもある様に・・・
個性を大切に見守られる大人でありたいと常々思っています。

Aokiさんがこのブクレポにコメントしました

Aoki
Aokiさん2012-02-15 18:02:29

>>hi2515さん 私の本の選択傾向見破られました? 隠してたのに...(笑)。
 我が国に目を向ければ溜め息が出てしまいます。でも、hi2515さんのように見守られる大人でありたいと思う大人が側に居ると居ないとでは雲泥の差がでますから、この思い大切にしていきたいですね。

Aokiさんがこのブクレポにコメントしました

Aoki
Aokiさん2012-02-15 17:53:04

>>アーミーさん ありがとうございます。 絵本は本当に凄いですよ。 良い絵本に出会ったとき、自分を素直に見つめるこ事ができますから。

とらのゆめさんがこのブクレポにコメントしました

とらのゆめ
とらのゆめさん2012-02-15 12:50:15

小生の息子は、アスペルガーです。が、息子は其の事を理解している強さを持っています。 Aokiさんのレポを読んで、その事が浮かびました。

Aokiさんがこのブクレポにコメントしました

Aoki
Aokiさん2012-02-15 15:20:27

>>とらのゆめさん ありがとうございます。自分自身を理解し受け入れる事が出来ているのは幸いな事だと思います。自分を受け入れ、自分自身を愛せない者が他者を理解し受け入れる事は非常に難しいことだと私は思っておりますから。でも、簡単なようでなかなかできないんですよね。自分を認める(愛する)って。

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  クリスチャンメルベイユの書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

クリスチャンメルベイユの書籍一覧へ