ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
Aokiさん 
111 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
「相手を受け止める」...このむずかしさ。 » « この俺に何ができるのだろうか?
book_report_header

書誌データ

絵本・児童書
評論社
1978年 発売
238P
9784566010512

大人よ、一度「ダール毒」に刺されよ!

5

チョコレート工場の経営者であるワンカ氏が、今まで秘密としてきた工場内部を自ら案内し見学させるということになった。招待客は5人。ワンカ社特製チョコの包装紙の中に金色の招待券を見つけた者だけに与えられる夢のような特権。貧しいチャーリー・バケット少年には、とても叶わぬ夢のように思えたが...。

 駄目かもしれないという絶望感と何とかならないかなぁという期待感とが入り乱れ読み進むうちに、ロアルド・ダールの世界に見事に引き込まれ、自らの頭の中で映像化され、バケット少年と一緒に、驚いたり、喜んだり、悔しがったりしている。流石にロアルド・ダール。上質の上手さを感じる。

 ロアルド・ダールの作品は「毒」があると言われ、「道徳的に良くない」と評されてもいるようだ。それぞれの評があってよいし、なんらその評に異を唱えるつもりもない。大人の正論的な評である。しかし、大人の「正しさ」が時として、子どもたちの夢や希望や冒険心をいとも簡単に削いでしまうことがある。そんな大人になりたくないなぁと思う一人にすぎない。

 バケット少年は拾ったお金でチョコレートを買うのだが、その是非を大人に問えば、建前的にも「非」と答えるでしょ。正答です。でも、ダールはそんな大人に問うてくる。子どもの好き勝手にさせて、我が儘を許している大人たちよ「正しさ」をはき違えていないか?、と。そう、「ダール毒」でチクリと刺されるのだ。

 この作品も、家族のあり方、躾や教育、我が儘の行く末などをスパイシーだが教えてくれる。子ども達は子ども達なりの目線で、大人はさらに深いところで考えさせられる一冊ではないでしょうか。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

mimynekoさんがこのブクレポにコメントしました

mimyneko
mimynekoさん2013-05-06 21:05:35

ロアルド・ダールというと、短編や不思議探偵さんの話(「あなたに似た人」など)しか読んでいなかったのですが、これもこの作者の作品だったのですね。是非読んでみたいと思います。

Aoki
Aokiさん2013-05-07 09:43:29

r.38896さん コメントありがとうございます。私は児童文学書から入っていったので、短編集、長編は未読です。こちらも、ブラックユーモアに富んだ作品でしょうね。「あなたに似た人」ですね、今度読んでみます! ご紹介ありがとうございます。

ムーミン2号さんがこのブクレポにコメントしました

ムーミン2号
ムーミン2号さん2012-05-15 22:07:27

この物語のその後の話が「ガラスの大エレベーター」で、ワンカ氏がまたとてつもないことをやってしまう奇想天外な物語です。ちょっと、天外過ぎてるので、こちらの「チョコレート工場の秘密」あたりがワタシにはちょうどイイ、感じでした。

Aoki
Aokiさん2012-05-15 23:35:54

続編ですね。「ガラスの...」はあまり良い評を聞きません。子どもにはワクワクできる奇想天外ぶりでしょうが、大人の目には少し過ぎるようですね。機会があったら読んでみようとは思っておりますが...。

hi2515さんがこのブクレポにコメントしました

hi2515
hi2515さん2012-05-15 17:42:48

ロアルドダールと言ったらこれでしょって言う位の代表作で気になりつつまだ読んでいなかった(>_<)
Aokiさんのレポが参考になりました。

Aoki
Aokiさん2012-05-15 18:14:14

私の天の邪鬼な性格から、この代表作から遠退いておりました。世の中のほとぼりがさめたようなので、今更に読んでみました。この田村訳(旧訳)は絶版となっているらしく、今は柳瀬訳(新訳)になるそうです。この旧訳と新訳も評の割れるところだそうで、機会があったら読んでみようと思っております。

hi2515
hi2515さん2012-05-15 21:30:23

きっと私もとんでもない天の邪鬼だと思います(笑)
Aokiさんはとってもお優しく感じていますよ。

Aoki
Aokiさん2012-05-15 23:20:18

ありがとうございます。そういわれた事があまりないもので...下を向いてしまいます。(笑)

ランピアンさんがこのブクレポにコメントしました

ランピアン
ランピアンさん2012-05-15 21:14:01

子ども向け作品にこそ毒が含まれているべきだと思います。日本の古いアニメが現在再評価されているのは、善人しか登場しない子ども騙しの砂糖菓子のような作品ではないからでしょう。『妖怪人間ベム』なんて、まるで毒のかたまりでしたよ。

Aoki
Aokiさん2012-05-15 23:17:53

全く同感です。わかって下さる方がいて、心強く思います。

とらのゆめさんがこのブクレポにコメントしました

とらのゆめ
とらのゆめさん2012-05-15 20:46:52

あの映画
の原作なんだ

いざわひ
いざわひさん2012-05-15 22:02:54

映画も結構毒がありましたよね

 この書籍のブクレポ

「ウィリー・ワンカは、五人の子…
みやびさん
4
あり!:35     コメント:3

  ロアルドダールの書籍のブクレポ

ダールさんの毒
キス・キス
4
あり!:45     コメント:0
懐かしい!
マチルダはちいさな大天才
5
あり!:18     コメント:0