ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
hi2515さん 
107 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
大好きなお母さん » « 神話化されたゼロ戦の実態
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
講談社
2009年 07月 発売
589P
9784062764131

内容紹介

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、一つの謎が浮かんでくる―。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。涙を流さずにはいられない、男の絆、家族の絆。

著者紹介

百田 尚樹:1956年、大阪生まれ。同志社大学中退。放送作家として人気番組「探偵!ナイトスクープ」など多数を構成。2006年『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー。高校ボクシングの世界を感動的に描いて’08年に発表した小説『ボっくす!』で圧倒的な支持を集め、一躍読書界注目の存在となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

おすすめポイント

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。涙を流さずにはいられない、男の絆、家族の絆。

戦争を戦ってきた人々の声

5

以前からかなり気にかかっていた本の一つで“ベルリン飛行指令”の読後だけにとても貴重で大切な時間を過ごせました。

戦争に関する資料や小説は読んでいたはずなのですが、目から鱗状態!!!
きっと、これからも真実を本当に知ることは出来ないかもしれないけれど、知りたいと言う欲望だけは決して捨てずにいたいと深く感じ入りました。

まず、読書家で知られる亡き、児玉清さんの解説から目にしたのですがその解説の素晴らしさを裏切らない見事な内容でしたし、このコミュニティーでも数多くの読者に支えられていることをとてもうれしく思いました。

氏のデビュー作とは凄すぎてその後の実績も気にかかるところです。

祖父の足跡を辿る姉弟は戦友や部下の話から見えてくる祖父の人となり、緻密に描かれた航空隊の実態、人間としての尊厳は3Dに勝る迫力で心にぐいぐいと飲み込まれ、心にシャワーを浴びせられている感じがする。

戦時下での究極の選択の中で彼ら姉弟は時を越えて祖父の言葉を想いを知ることになる。

戦争を知らない我々世代はどうしても太平洋戦争というとスポット的に見てしまいがちだけれど5年以上に及ぶ長きに渡る経過の中で一色には括れない多くの山坂があり、長すぎた中で矛の収め所を無くすに至った経過が痛ましく、それは現在も尚同じことが繰り返されている気がしてならない。

ゼロ戦は、確かに当初は破竹の勢いであり、その功績は当時のパイロットに力に負うところが大きい。

戦争末期には即席に作り上げられて多くの特攻隊がその若い命を落しているのは余りにも有名すぎるけれど、生き残った兵士が戦犯として処されたのは軍首脳部の愚かさを露呈し、意外と蓋をされている部分の気がします。

父は少年非行兵に志願し、母は米軍の機銃攻撃を受けたと言う過去とは言い切れない真実がある以上まだまだこのジャンルの本は読んでゆきたい類です。

戦争経験者がどんどん減少してゆく中でフィクションといえどもとても素敵で心洗われる一冊でした。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
タグ
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 hi2515さんのブクレポ

神話化されたゼロ戦の実態
ベルリン飛行指令
4
あり!:60     コメント:0
作家の苦悩
瑠璃色の石
2
あり!:32     コメント:0

 この書籍のブクレポ

零戦のゼロ。
こうきさん
3
あり!:5     コメント:0
「生きたい!」との願いは弱さか強さか。
Aokiさん
5
あり!:28     コメント:2
電車で読むのだけはお勧めしませ…
7720432さん
5
あり!:29     コメント:5
ミステリだと思い読み始めたので…
かりんさん
5
あり!:3     コメント:0

  百田尚樹の書籍のブクレポ

読まなくてもいいかも
戦争と平和
4
あり!:40     コメント:0
囲碁に人生を捧げた一人の男性
幻庵 下
3
あり!:50     コメント:0
その瞳は神か悪魔か。
フォルトゥナの瞳
4
あり!:28     コメント:2