ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
まーちさん 
58 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
「ゲームは終わっても、人生は続く」 » « ミステリー要素は微妙・・・
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
理論社
2012年 11月 発売
207P
9784652080047

内容紹介

子どものころから無鉄砲な東京育ちの「坊っちゃん」は、中学校の教師になって四国の田舎町にやってきた。赴任早々、生徒たちの悪ふざけに遭い、卑怯な手口が許せないと腹を立てる。教師の中にも、陰でずるいことをしている者がいる。坊っちゃんは、無鉄砲と正義感をつらぬいて、不正に立ち向かっていく。

言葉の問題ではなかったぞなもし

2

私のレポを、いつも読んで下さっている方々は、うすうす(思いっきり?)気付いていると思いますが、私は、「名作」と言われるような作品が苦手です。今回、「現代語で読む」というタイトルにひかれ、勇気を出して読んでみることにしたのですが、どうやら、言葉の問題ではなかったようです。

あまりにも有名な作品なので、どんな内容なのかはご存知の方が多いと思いますので、サラッと書いてみます。

東京育ちの「坊っちゃん」は、四国の松山あたりと思われる田舎町の中学校に赴任します。赴任早々、生徒たちのいたずらにあって、激怒します。教師の中でも、陰謀があったりと、「坊っちゃん」は頭にくることばかりです。そんな「坊っちゃん」、最後は大暴れです。

この作品を読んで、私は「坊っちゃん」という人物が、どうしても好きになれませんでした。一番の理由は、あらゆる人を見下したような言動です。東京育ちとか、旗本だの源氏だのの末裔だとかいって、妙にプライドが高く、田舎を馬鹿にしたような態度にはムッとします。そして、マザコンならぬ「バアヤコン」で、大切に思っているのは、婆やの清だけです。

解説には、「江戸っ子の坊っちゃんの、痛快、滑稽な物語」と書かれていましたが、私にとっては、「坊っちゃん」の嫌な面ばかりが目に付いて、まったくさわやかな印象はありませんでした。

この作品は、現代語で書かれているので、言葉が壁になって、読むのをためらっているという方には、ピッタリな本だと思います。巻末には、漱石についての解説も付いているので、参考になります。

とりあえず、この作品が好きになれないのは、言葉の問題ではないということがわかりました。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

ランピアンさんがこのブクレポにコメントしました

ランピアン
ランピアンさん2012-12-10 22:37:39

「痛快、滑稽」という解説がそもそもマチガイなんですよね…。これは時代に置いてけぼりを喰った男の話なんです。明治時代ですから、江戸っ子というのはもう時代遅れの存在なわけで、坊ちゃんの傲慢さは、すなわち劣等感の裏返しでもあるんです。漱石という人は、古い日本文化の悪い面を十分知っていましたが、かといって西洋から入ってきた文明開化にもなじめなかった人でした。それが坊ちゃんという矛盾したキャラクターとなって表現されているんです。

まーち
まーちさん2012-12-11 00:34:46

なるほど。そんなに深い意味があったのですね。勉強になりました。ランピアンさんに解説を書いてほしかったです。

ランピアン
ランピアンさん2012-12-11 00:51:57

いえいえ、私が書いたのも一つの解釈に過ぎないですので…。ただ、ほんとうにいい加減な解説が多いんですよね。だからみんなが文学を読まなくなるんですが…。

3kiさんがこのブクレポにコメントしました

3ki
3kiさん2012-12-10 22:07:13

先日紹介した「よちよち文藝部」によると、ミ☆シーにいたらと考えて、もちろんマイミクは清だけ、知らずに公開設定を全体公開にし、すべては生徒に筒抜け……。で、痛い自意識過剰毒舌男は、「青春の勘違いの代名詞」と読み解くといいそうです。(笑)

まーち
まーちさん2012-12-11 00:29:22

なるほど。やはり、そういうキャラなのですね。

たたみさんがこのブクレポにコメントしました

たたみ
たたみさん2012-12-10 10:11:02

坊ちゃんの人格って某前都知事を思わせますね。時代なのかしら。
「~ぞなもし」は可愛い♪

まーち
まーちさん2012-12-10 10:58:46

作品の中では、坊っちゃんの「べらんめぇ調」と、田舎町の、おっとりした「ぞなもし調」の対比、みたいな感じで書かれていました。「某前都知事」というのは、いい喩えかも。

たたみ
たたみさん2012-12-10 13:17:21

昔「いなかっぺ大将」というマンガがありましたが主人公にネコ着地を伝授するネコがたしか「~ぞな」を使ってたような…。出身は松山だったのかしら。

まーち
まーちさん2012-12-10 13:50:08

ニャンコ先生ですよね?もしかしたら、松山周辺の出身なのかもしれませんね。

たたみ
たたみさん2012-12-10 18:23:49

おお、ご存知でしたか。嬉しい♪

まーち
まーちさん2012-12-10 19:19:57

リアルタイムで観ていたかは微妙なのですが、懐かしのアニメなんとかで、よく見かける気がします。

 まーちさんのブクレポ

ミステリー要素は微妙・・・
スタート!
4
あり!:46     コメント:5
まじめな話でした。
あるじは家康
3
あり!:45     コメント:3
♪ 数字の「一」はな~に?
一の悲劇
4
あり!:41     コメント:7
結末を予想して読んではいけなかった!
るり姉
3
あり!:54     コメント:0

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  夏目漱石の書籍のブクレポ

時を考える。
硝子戸の中
4
あり!:0     コメント:0
「三四郎」三部作の破・急
それから 門
5
あり!:13     コメント:0
あの日、あの頃
三四郎
3
あり!:25     コメント:0