ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
ランピアンさん 
101 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
「大海賊」の実像 » « これぞ「学歴社会」
book_report_header

書誌データ

エンターテインメント
NHK出版
2009年 01月 発売
70P
9784140813140

内容紹介

自然の産物である石を景観や生物などに見立て、愛でる。歳月を凝縮した唯一無二の造形が見る者を魅了する、静かで奥深い「美」の世界とは。

目次

1のツボ 遠山に始まり遠山に終わる/2のツボ 時がはぐくんだ風合いを味わう/3のツボ 石が見せる四季の彩り

石の中の「世界」

3

盆栽といえば年寄り臭い趣味の代表格だとされ、元来が田夫野人である私も、長いことそう思っていた。認識を改めたのは、盆栽が単なる観賞用の植物ではなく、風景や世界を切り取って鉢の上に再現する、「見立ての芸術」、「ミニチュアの芸術」だと知ってからである。

哲学
など齧っていると、「世界」というありふれた言葉に、何かしら複雑な陰影を感じるようになる。小さな空間に世界を再現しようとする、こうした芸術に惹かれるようになったのも、単に歳を取ったからというわけでもなさそうだ。

ミニチュア愛好癖は万国共通だが、日本人はとくにこれが好きなようで、借景庭園、箱庭、盆景、盆栽と多彩な趣味を嗜んできた。日本文化の代名詞のごとくなった「茶道」にしても、茶席というわずかな時間に人生を凝縮させるという意味では、一種のミニチュアの芸術と言えるかもしれない。

こうしたミニチュアの芸術のなかでも、ひときわシンプルでユニークなのが「水石」である。これもご多分に漏れず渡来文化で、中国は宋代に文人の間で流行したものが、禅僧の手で平安期から鎌倉期にかけて日本に伝わった。「見立ての芸術」の一方の雄である茶の湯と合流することで、日本独自の発達を遂げたのだという。

石の芸術といえば西欧の彫刻だろうが、水石は人の手を加えない自然石である。つまり、河原に転がっている石の中から、山、滝、海上の島や岩、洞門、花といった自然の風物や風景などを想起させるものを拾い出してくるのだ。もとより見立てのテーマは自然の景観には限られず、なかには細長い石を菩薩に見立てた名石もある。

そして「養石」という、採取した石を屋外に置き、日光や雨風に当てて石の表面を古びさせ、「時代をつける」過程を経て、ただの石くれが「水石」となる。養石にかける時間は三年程度から、長い場合は数十年というが、この悠長さ、いかにも日本人らしいというべきだろうか。

そして、部屋に飾って賞玩する。台座に置くために下部を削るのはよいが、全体の形状を整えてはならない。彫刻になってしまうからだ。自らが意図する理想の形象を創出するのではなく、自然が生み出す造形の偶然に頼るとは、これまたいかにも日本的といえるかもしれない。

本書にはいくつかの「名石」の写真が掲載されているが、頼山陽遺愛の石だという「大和群山」や、石の表面中央を走る石英の筋を水流に見立てた「滝石」などは、たしかに眺めていて引き込まれるような、静謐な魅力がある。「癒し」ブームの昨今には、ぴったりの趣味かもしれない。

こうした、養えば水石となりうる文字どおりの「原石」は、どうやらどこの河原にも転がっているわけではないようで、加茂川や揖斐川、瀬田川といった名産地があるらしい。自分でもこんな石を探し出してみたいものだが、それにはただの石ころと原石とを見分けるセンス、そしてかなりの時間の余裕が必要であろう。しょせんは夢で終わるかもしれない。

+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
おすすめしたい人
男女共通
引用文
「古代には、石や岩を神の依代と考え、庭造りにおいても石組みを重要視したように、日本人は昔から石に心を寄せてきた。茶の湯や骨董、盆栽など、趣味の世界に生きる人は多いが、そうした趣味人、数寄者といわれる人が、最後にたどり着くのが石だともいう。」  (9P)
タグ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

かたばみさんがこのブクレポにコメントしました

かたばみ
かたばみさん2013-04-07 07:47:43

面白いですね。なんだかこういうものにユートピアを感じますね。
つげ義春原作の無能の人を思い出しました。竹中直人が監督した映画も見ました。好きな映画です。

ランピアン
ランピアンさん2013-04-07 19:17:56

ありますね、『無能の人』に。私も思い出しました。映画は観ていないので、レンタルで探してみます。

 ランピアンさんのブクレポ

もう顎が外れそうです。
トンデモ本の世界
4
あり!:94     コメント:0
関西弁の商業神
夢をかなえるゾウ
3
あり!:107     コメント:7
「意味」を喰う怪物
死霊たちの宴 上
3
あり!:75     コメント:0
ナチズムという「思想」
ナチ党の思想と運動
5
あり!:74     コメント:4

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  NHK「美の壺」制作班の書籍のブクレポ

どんでん返し(というのかな?)
千代紙
5
あり!:23     コメント:5
時代を超えて美しい本。
文豪の装丁
4
あり!:53     コメント:0
宇宙の広がりを・・・
枯山水
5
あり!:16     コメント:1
穏やかな気持ちに
円空と木喰
5
あり!:17     コメント:2