ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
蒼子さん 
106 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
今更ながら、やっと! » « それでも、生まれてきて良かった。
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
三笠書房
2002年 04月 発売
298P
9784837961321

内容紹介

誰の心の奥底にもある、残忍性と禁断―。それは理性の力でどんなに蓋をしようとしても、隙間から漏れ出し、生き延びてしまう...。『日本昔ばなし』の中の子殺しや子捨て、山姥の子ども食いの話、そして奔放な性の匂い...表立って語るのがはばかれるような人間の暗い面を炙り出す話には、『グリム童話』同様、人間の深層心理として世界に共通する面があります。日本の風土にじっとりとしみ込んだ人間の本性の恐ろしさと巧みな知恵、その豊かな「泉」を心ゆくまで堪能してください。

著者紹介

由良 弥生:幼少の頃より、日本や世界の読み物文学に興味をいだき、学生時代は文学を専攻。世界各国に伝わる古典や伝承を研究している。地域をこえて共通する比喩のイメージに関心をもち、初版『グリム童話』を再現することに挑戦、ベストセラーに。当時の世相、風俗、恋愛、さらには隠された人々の深層心理を探り、大胆に再現描写するその巧みな筆致は多くの人に支持され、高い評価を得ている

人間の本性、覗いてみませんか…?

4

日曜日の朝、たまにテレビで日本昔話を見ます。基本的に子供向けなので、大概がハッピーエンドですが、中にはそうでないものも。大人になって気づく視点は、物語に隠された「真実」への糸口なのかもしれません。ですが、大抵の人はその糸口から目をそらし、物語の表面を見て楽しんでいるような気がします。

本書では、昔話に隠された人間の本性を全面に押し出し、残忍で冷酷な姿を語っています。新たな「視点」から見た物語は、新鮮なだけではなく、自分の中にあるイメージをがらりと変えてしまうくらい強烈でした。


収録されている物語は11つ。

*手なし娘
*人魚と八百比丘尼
*食わず女房
*蛇の婿入り
*かぐや姫
*赤い髪の娘
*姥捨て山
*天道さんの金の鎖
*糠福米福
*六部殺し
*俵薬師

よく知った物語から、耳馴れないものまで。
それぞれの物語の後には、解説がついています。それにより人物の深層心理をより理解できます。


幽霊や妖怪は、怪しくて恐ろしい。でも不確かなものに対する恐怖には、対応策があります。お札とかお祓いとか、呪文とか。最終手段は見ないふりとか(笑)
でも、人が生み出す欲望はどうでしょうか。憎しみや悲しみが人を残忍な行動に走らせてしまうのはどの時代でも変わっておらず、また絶えることはありません。私たちは日頃からそういったものと隣り合わせで生きているのです。その現実を思い出させる昔話。きっとほとんどの昔話には基となる事件や歴史があったのだと思うと、その事実にぞっとしてしまいました。

皆さんも人間の本性、覗いてみてください。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
おすすめしたい人
男女共通
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 蒼子さんのブクレポ

映画を見る前に。
小さいおうち
4
あり!:58     コメント:0
アニメ化してほしい!
図南の翼
5
あり!:30     コメント:0
特別な一冊。
シュナの旅
5
あり!:55     コメント:0

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!