ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
まあやさん 
25 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
日常にある輝き。 » « ページめくるごとに、ほぅ!と思わず感心。
book_report_header

人は温かいご飯と優しい心があれば何とか生きられる。

5

将棋というのがとっつきにくいなーと思っていたのですが、羽海野チカさんのイラスト原画展に行ったのをきっかけにやっと読み始めました。

桐山零くん。
身近な人の死、天性の才を持つゆえの葛藤、孤独、不器用な愛情、真面目でまっすぐ。
そんな彼を見守り、慕い、支える人々との厳しくも優しい物語。

さすがに羽海野チカさんだけあって、時には息苦しいほどの試練もある。
いじめや、将棋の闘いの壮絶さ。現実に押しつぶされそうな心。
でも、それを癒すのは、例えば、あかりおねいちゃんの温かいごはん。ひなたちゃんの優しい気持ちと一途な言動。モモちゃんの無邪気な姿。同じ世界に身を置く、ライバルでもあり理解者でもある棋士の人たちの言葉。

この試練と癒しのバランスが絶妙で、やっぱり一気に読み進めてしまいました。

将棋も技というか手の名前?とか知ると、ちょっと面白いですね。対局を見たことはないんですけど、本当にお菓子むさぼり食う方もいるんですかね?…と少し、興味の幅も広がりました(笑)

それにしたって、あかりおねいちゃんの料理は心をわしづかみ。今日はちょっと寒いので甘やかしうどんが食べたいと切に思います。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

らいおん。
もと。さん
3
あり!:18     コメント:0
美大生達の青春を描いた「はちみ…
ブクレポスタッフさん
5
あり!:10     コメント:0
シリーズ総合的にここに書こう。…
校倉  さん
4
あり!:5     コメント:0
「ああ・・・ ぼくだ  この鳥…
神谷 遼さん
5
あり!:0     コメント:0