ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
こたろうさん 
45 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
笹沢さんの評伝三部作、井上ひさしさんです。 » « 群像の新人賞って変わった作品がお好みですか?
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
新潮社
2012年 03月 発売
184P
9784103100720

内容紹介

自分の子どもを愛せない母親のもとで育った少女は、湧き出る家族欲を満たすため、「カゾクヨナニー」という秘密の行為に没頭する。高校に入り年上の学生と同棲を始めるが、「理想の家族」を求める心の渇きは止まない。その彼女の世界が、ある日一変した―。少女の視点から根源的な問いを投げかける著者が挑んだ、「家族」の世界。驚愕の結末が話題を呼ぶ衝撃の長篇。

この方も群像出身の方でした。

2

貶しているわけではなくて、なんとなく書きたい内容は頭では理解できるんですが、感じられなかったかな~ おじさんには。


小学校時代からの主人公の悩みというか、家庭での違和感を丹念に拾いつづっていきます。

一見普通に見えて、ひとりとして同じ人がいないように、よく見ると彼女、恵奈も独特で感じ方が他と異なっています。

そして愛情が感じられない母親(義務感で家事を務めている感が前面に出ていて、仕事を辞めたことをいつまでも引きずっているような)が逆に存在感をもって見えるのが皮肉です。


いろんな人が出てきます。恋に恋をする恵奈に近づいてくる男性、幸平であったり、素敵な外見の年上のお姉さん、渚さんだったり。

ちまちまとした恋人生活に不安も疑問も持たない幸平に愛想を尽かすのはやはり恵奈でした。


渚さんは人と交わるのが苦手で、家を解放していますが、会話はNG。静かで交わりの無い純粋な時間を愛する寂しい人です。その象徴がアリス。アリです。ビンの中に入れられてひっそり生きている、十何年も生きている(実際には寿命が尽きたら外から新たに探してきて入れ替えるのですが)砂糖の砂の上で歩き回るだけのアリス。


恵奈は家族や友達や自身の成長による変化や、いろんなものに欲や不安を感じ、その度自慰行為それも特殊な(性的な自慰行為とは異なるやりかたで)自慰行為にふける習慣で何とか生き延びていきます。


最後の三十ページは衝撃というか、ヘンテコな壊れていく精神をそのまま見せられたような不気味さと後味の悪さが残りました。

表紙のイラストとは大きく印象が異なります。

純文学出身だからかな、読者のことを考えてもっと面白くかいてくれないかな~とおじさんはため息をつきました(笑)

+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  村田沙耶香の書籍のブクレポ

“普通”と見られるための苦痛
コンビニ人間
4
あり!:55     コメント:0
社会の「部品」になりたがる人
コンビニ人間
4
あり!:68     コメント:0
いろいろな読み方が
コンビニ人間
4
あり!:50     コメント:0
3つの疑問
コンビニ人間
4
あり!:35     コメント:0