ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
酉介さん 
0 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
このお方の、かっこつけ写真が大… »
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
徳間書店
2002年 11月 発売
379P
9784198917944

内容紹介

私は自分の脈を調べた。乱調子で頼りなく、非常にゆっくりと打っていた。さっきのあれは、花火なんかじゃなかった。新型の爆弾だったんだ。少しずつ眠くなってきた...。迫り来る“死”を淡々と迎える男たちを描く表題作ほか、英雄の帰還をノスタルジックに活写する「わが良き狼」、愛車との切ない別れが胸に迫る「お紺昇天」、初期の本格SF「幻想の未来」など、感涙のロマンチック小説十一篇を収録。

著者紹介

筒井 康隆:1934年、大阪府生まれ

表題作はここの内容紹介が無粋!…

5

表題作はここの内容紹介が無粋!と言わざるを得ない傑作。前知識なにもなしで読んでほしいのです。
+5あり! +3あり! +1あり!
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 酉介さんのブクレポ

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!