ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
まーちさん 
75 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
クリスマス・イヴ、霞が関にやってきたのは、サンタで... » « じれったいけど面白い! <七尾作品レポ 2/2>
book_report_header

書誌データ

教育・資格検定
朝日新聞出版
2015年 09月 発売
225P
9784022513052

内容紹介

荻原浩「サークルゲーム」―中学二年生を担任する矢村琥代。彼女のクラスではいじめが起きているようなのだが...。小田雅久仁「明滅」―祖父の死をきつかけに地元に帰った私は、同級生と蛍を見に行ったあの日を思い出す。越谷オサム「20センチ先には」―クラスメイトからいじめられている僕の前に、現れた「悪魔」が見せる光景とは。辻村深月「早穂とゆかり」―小学校の同級生だった二人。早穂は、塾経営者として成功したゆかりを取材することになり...。中島さなえ「メントール」―由美子と志乃は歌劇団のトップ女優を目指す親友同士だったのだが、やがて...。学校で、職場で、ネット空間で...いじめと関わったことがない人、いますか?いま、この世の中に蔓延する空気を切り取った5つの短編小説。

手を出すんじゃなかった・・・

4

誤解しないでほしい。レポのタイトル、この作品がつまらなかったというわけではないのだ。むしろ、その逆と言ってもいい。
この作品は、タイトルの通り、「いじめ」をテーマにしたアンソロジーである。しかも、全編オリジナル作品という豪華さだ。しかしながら、いじめの話というのは、一つ読むのも、かなりつらいものがある。それが、五つも収録されているのである。読んでいて、本当に苦しくなってきて、読み終わったあとは、食欲も衰えるほどだった。正直、レポを書くのもつらい状態なのだが、どんな内容なのか、簡単に書いてみたいと思う。

『サークルゲーム』(荻原浩)  中学2年のクラスでのいじめの話。ネットが原因になったり、ネット空間でいじめが起きたり・・・。そして、いじめ問題に取り組もうとしている担任教師の息子も、幼稚園でいじめにあっていて・・・

『明滅』(小田雅久仁)  ちょっとしたからかいが、少しずつ暴力や過度な要求へと姿を変え、いつしか常態化し、気づけば抜け出せなくなっている・・・。30年前、笑いながら道化を演じるしかなく、自ら命を絶った友人を守れなかった自分を悔やむ男性の話。

『20センチ先には』(越谷オサム)  陰湿ないじめにあい、教室の窓から飛び降りた中学3年の男子。その時、彼が自分で創り出した悪魔キャラ・ルシフェルが現れ、彼に、彼が死んだあとの世界を見せるのだった・・・。

『早穂とゆかり』(辻村深月)  県内情報誌のライターである早穂は、小学校時代の同級生である、ゆかりにインタビューすることになる。彼女は、今では、個人で塾を経営し、その塾に通った子どもたちが、次々と有名高校に受かっているということで評判になり、いじめなどの教育問題関係で、コメンテーターをしたりもしているのだが、小学校時代は、教室で浮いた存在で、仲間から外されていたのである。クラスで人気者だった早穂は、そんな過去を知っている自分に会うのが嫌なのではないかと思っていたのだが、ゆかりは、予想外のことを話し始め・・・

『メントール』(中島さなえ)  宝塚を思わせる歌劇団で発生した事故を巡る、当事者3人のインタビュー風な作品。こんな風に、人を苦しめることもあるのだという、ちょっと狂気のような話。

いじめる方は、「冗談だったのに」とか、「からかっただけ」とか、それほど深刻に思っていないようなことでも、いじめられる方にとっては、どれほど苦しく、つらいものなのかということが、これでもかというほど伝わってくる。まさに、「生き地獄」なのだ。

いじめと一言でいっても、そのやり方はさまざまである。子どもの世界だけでなく、大人の世界にも存在する。いじめのない世の中なんて、夢のまた夢なのだろうか。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
タグ
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 まーちさんのブクレポ

えっ!6000万?!
老後の資金がありません
4
あり!:55     コメント:0
食の伝道師!
女神めし
4
あり!:50     コメント:0

 この書籍のブクレポ

苦しくて…やりきれない
p-mamaさん
5
あり!:60     コメント:0

  荻原浩の書籍のブクレポ

大満足のアンソロジー
マウンドの神様
4
あり!:45     コメント:0
“仮免中”とは、絶妙なタイトル!
恋愛仮免中
4
あり!:30     コメント:0