ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
まーちさん 
55 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
沖縄独立?! » « 不純な動機で始めたハンドベルの世界に魅了されていく...
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
講談社
2016年 03月 発売
317P
9784062990677

内容紹介

京都・伏見稲荷大社の境内、千本鳥居に吊るされた四体の遺体が発見された。伏見稲荷の氏子で狐憑きの家筋である樒祈美子は稲荷山の気の乱れを感じ山を巡拝するが、相次ぐ落雷で鳥居が次々と倒れていく。高村皇らの策動を読み取った辻曲彩音たちも稲荷山を目指すが、現れた白狐に行く手を阻まれてしまう―。「お稲荷さん」と親しまれ、日本中で信仰される稲荷神に秘められた、恐るべき真の姿とは!?

えっ、「稲荷」って、米の神様じゃないの?!

3

シリーズ第6弾。今回の舞台は、伏見稲荷である。


7月の早朝、大社社務所員の宮野辺が、いつものように、奥の院に向かっていると、千本鳥居に、四体の遺体が吊るされているのを発見する。警察が調べてみると、自殺ではなく、他殺であることが明らかになる。しかし、殺された4人は、知人同士だったようだが、殺される理由は見当たらなかった。


その頃、伏見稲荷の氏子で、狐憑きの家筋である、樒祈美子(しきみ きみこ)は、稲荷山に気の乱れを感じる。


相次ぐ落雷で、鳥居が次々と倒れていくなか、祈美子も、雷にうたれ、意識を失ってしまう。


前作(http://bookrepo.com/book/show/3025983)での、厳島神社からの帰途、伏見稲荷での異変を知った彩音と陽一は、東京からやってきた巳雨(みう)と、傀儡使いの佐助、そして、猫のグリと合流する。彼女たちは、伏見稲荷に向かうのだが、巳雨が稲荷神に憑依されてしまう。そして、稲荷神は、彼女たちに、「稲荷に関して何も知らない」と言うのだった。彩音たちは、稲荷神の怒りを鎮めるため、幽霊の歴史作家・火地に、教えを乞う。そして、火地が語る、「稲荷」の本当の意味は、驚きのもので・・・


今回の事件は、大神神社の事件(http://bookrepo.com/book/show/2989130)の時に、鎮女池に落ちたものの、だ枳尼天(「だ」は、漢字変換ができなかった)と「契約」を交わすことによって生き延びた、磯笛の仕業だった。もちろん、磯笛に指図をしているのは、高村皇(すめろぎ)だが。


このシリーズは、殺人事件の謎を解くというよりは、神様に隠された秘密を解き明かすというミステリである。今回も、「稲荷」に関する、驚きの秘密が明らかになった。さらに、「狐」に関する、意外な秘密も。


今回の作品を読むと、確かに、神社を破壊しようとするのは間違ったことだが、傲慢さや身勝手さなど、人間の側にも問題があるということを感じさせられた。


このシリーズの、もう一つの目的である、摩季を生き返らせるために必要な神宝も、集まりつつあるようだが、はたして、期限までに間に合うのだろうか。


今回の作品では、祈美子の協力も大きかったが、なんといっても、小学生の巳雨の活躍が光っていた。やはり、「邪気」のない子どもは強い。

殺人事件の真相は、4人が選ばれた理由がポイントである。4人に共通する、意外なものとは・・・?

そして、貴船の事件(http://bookrepo.com/book/show/2909857)に続いて、再び登場した、瀬口警部補と加藤裕香(ゆか)巡査も、結構いいコンビである。


それにしても、このシリーズ、たった数日の間の話というのはすごすぎる。次に狙われるのは、どこだろう。


このシリーズ、神様関係の漢字の読み方が難しくて、毎回苦労させられる。

+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  高田崇史の書籍のブクレポ

将門は怨霊じゃなかった?!
鬼門の将軍
3
あり!:40     コメント:0
殺人事件はおまけ?
QED~flumen~月夜見
3
あり!:45     コメント:0
驚きの事実が明らかに!
神の時空(とき) 〔7〕
3
あり!:30     コメント:0