ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
まーちさん 
45 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
農業をやってみようと思っても・・・ » « あずかりやさんと、店にあるものたちに秘められた物語
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
祥伝社
2016年 02月 発売
400P
9784396634865

内容紹介

「北条家の旧領関東二百四十万石を差し上げよう」天正十八年、落ちゆく小田原城を眺めながら、関白・豊臣秀吉は徳川家康に囁いた。その真意は、水びたしの低湿地ばかりが広がる土地と、豊饒な現在の所領、駿河、遠江、三河、甲斐、信濃との交換であった。愚弄するかのような要求に家臣団が激怒する中、なぜか家康はその国替え要求を受け入れた...。ピンチをチャンスに変えた究極の天下人の、面目躍如の挑戦を描く快作誕生!

現在の東京があるのは、家康公のおかげ

4

始まりは、小田原攻めの陣中で、秀吉が家康に、「関八州をやろう」と申し出たことだった。そのかわり、現在の家康の所領である、駿河、遠江、三河、甲斐、信濃、全部を秀吉に差し出せと言われ、家臣たちは口をそろえて、「断固拒否すべし」と猛反対した。しかし家康は、国替えに応じると言うのだ。家臣たちは、家康のご乱心だと言い、徳川の家も終わったかと落胆したのである。

入部先である江戸に行ってみると、江戸城の、想像以上のお粗末さに愕然とする。城というより、荒れ寺のようだったのだ。家臣たちは、一刻もはやく、天守つきの壮麗な城に建て替えようとしたのだが、家康は言ったのである。

「いま必要なのは城内の地ならしではない。江戸そのものの地ならしじゃ。城など、あと、あと」

さらに家康は、現在の東京からは想像もつかないような、水びたしの低湿地状態の江戸を、大坂にしたいと言うのだ。
そんな家康がまず最初に手掛けたのが、川の流れを変えることだった。そして、江戸に流れ込んでいる利根川の河口を移すという、大工事が行われたのである。その結果、江戸の土地から水が引き、人が住めるようになり、洪水の被害も小さくなったのである。

家康は、小判を作り、貨幣面での天下統一を果たした。その後、日本の貨幣史は、まったく新しい段階に入り、取引のたびに天秤や分銅をひっぱり出して金銀の重さを量るような秤量貨幣の段階から、枚数をかぞえるだけで正確に額を共有できる、いわゆる計数貨幣の世になったのである。

家康は、飲み水を引くため、現在の井の頭公園にある水源から江戸城まで続く上水を作った。現在の水道橋は、外濠の上にかかった掛樋のことである。

石垣を積む工事には、二人の“透視能力者”が活躍した。石の節理を読む能力を持つ男と、石の「重さ」という見えない力の大きさや向きを、一瞬のうちに、正確に見破る目を持つ男である。

そしてついに、天守の工事に着工することになるのだが、秀忠は、時代が変わったので、もはや、天守は不要だと言い出したのである。しかし家康は、天守にこだわった。しかも、黒が主流だったにもかかわらず、白い天守を建てると言うのだ。その真意とは・・・?

江戸の町が、どのように造られたかの概要は知っていたが、その事業に関わった人々の苦労や葛藤などを知ることができる、面白い切り口の作品だった。文章も、とても読みやすく、さまざまなことを、現代のことに置き換えて書かれているのも、わかりやすくてよかった。身近な場所が登場したりするのも楽しかった。

現在の東京は、江戸からず~っとつながっているのだということを、あらためて感じた。現在の東京の繁栄があるのは、家康公のおかげだと、しみじみ思った。

「関東には、手つかずの未来がある」
家康公の先見の明、恐るべしだ。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
タグ
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 まーちさんのブクレポ

法医学界のゴッドハンド!
ヒポクラテスの憂鬱
4
あり!:35     コメント:0
こんなアンソロジー、見たことない。
小説の家
3
あり!:40     コメント:0
壊れていく3つの家族
明日の食卓
4
あり!:50     コメント:0
“まさか”の連続!
人間性剥奪
4
あり!:45     コメント:0

 この書籍のブクレポ