ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
まーちさん 
55 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
京都で生まれ育った三姉妹の物語 » « 心のすき間に入り込む“影”
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
新潮社
2016年 09月 発売
284P
9784104190041

内容紹介

今は学生でいたくなかった。きっかけになったトラブルはある。でも、うまく説明できないし、自分でも整理がついていない。実家を出て、バイトしながら、まったく違う世界で、自分を見つめ直すつもりだった。「歴史を変えた」と言われる伝説のあのラジオ番組が小説内でオンエア!「青春小説」に名作がまた誕生した。

夜の中で心をさまよわせる若者たち(アルコ&ピースのオールナイトニッポンリスナーのための本か?)

3

富山(とみやま)は、あるトラブルがきっかけで、大学に通えなくなり、一年間、大学を休み、家を出て一人暮らしを始め、コンビニでバイトをしながら、心のリハビリをしていた。
そのトラブルについては、結局、詳しく触れられることはなかったのだが、大学に入って、女の子から付き合ってほしいと告白され、深く考えずに交際を始めたものの、富山には、「接触恐怖症」という病気のようなものがあり、ひとから、故意に接触されることが耐えられないため、彼女が手をつないだり、キスをしようとすると、思わず振り払ってしまったらしい。それに怒った彼女が、富山の個人情報(ラジオネームを含む)や、交際中の彼の行為を、かなりの悪意を加えて、ネットに晒したようだ。
実は富山、高校生の頃から、ラジオ番組に投稿しまくり、リスナーの間では、かなりの有名人だったのである。そんな彼は、そのトラブルのために、一時は、ラジオも聞かなくなり、投稿も止めた。そのトラブルは、彼から、最大の楽しみを奪ってしまったのである。さらに彼は、「女子恐怖症」になってしまった。

しかし彼が、その後も、唯一、聴き続けている番組があった。それが、アルコ&ピース、通称・アルピーというお笑い芸人の、オールナイトニッポン(ANN)だった。

ある日、富山がコンビニのレジにいると、一人の女の子がやってきた。富山の目は、彼女のリュックに付いているバッヂに釘付けになる。それは、「カンバーバッヂ」という、アルピーのANNのノベルティ・グッズなのだが、番組の投稿ネタから、パーソナリティが「最高」と思った人にのみあげるプレゼントで、めったに出るものではないのだ。この番組のみ、新たなラジオネームで投稿していた富山でさえ持っていない、垂涎もののアイテムなのである。しかも、その女の子は、それを2個も持っているのだ。

彼女との出会いが、富山を変えていくことになる。彼女の名前は佐古田愛。都内の有名女子校に通う女子高生である。お互いが、同じ番組のリスナーであることがわかった二人だが、どんどん距離をつめてくる佐古田に対し、富山は、女子恐怖症ということもあり、距離を保とうとしていた。しかし、自分でも信じられないある行動がきっかけで、二人の距離は、どんどん縮んでいったのである。それには、コンビニのバイト仲間である鹿沢(かざわ)と、高校の同級生である永川という二人の存在も欠かせなかった。

富山・鹿沢・永川の3人は、佐古田の高校の文化祭に、彼女の劇を観に行く。「明るい夜に出かけて」というその劇は、佐古田による、ほぼ、一人芝居のような劇なのだが、その劇が、4人の心に、刺激を与えることになったようで・・・

この作品、コミュ障の富山、自称・歌い手の鹿沢、学校で、完全に浮いている女子高生の佐古田、自分のキャラをつかみきれていない感じの永川という4人の、夜の中で心をさまよわせる若者たちが、新たな一歩を踏み出そうとする作品なのだろうが、私のようなおばさんには、ついていくのがちょっときつかった。というのは、この作品に出てくる芸人たちも番組も、全て、本物であるため、その番組のリスナーは、心から楽しめるのだろうが、メインの話になっている番組のパーソナリティである、アルコ&ピースという芸人も知らないし(うちの男子に聞いたら、当然のごとく知っていたが)、もちろん、番組も聴いたことがない。さらに、最近、LINEのグループトークというものを、やっと知った程度の、ネット音痴の私には、アメーバピグの世界は理解できなかった。ニコニコ動画やツイッターはかろうじてついていけたが。

気にならない方ならいいが、私は、実在のものが出てくると、どうしても気になるし、わからないと、作品に入り込めない気分になってしまう。個人的には、完全に架空の芸人や番組にしてくれた方がありがたかった。

この作品は、アルピーの番組を聴いたことがあるかと、ネットをどれくらい利用しているかで、面白さが全く変わってくるのではないかと思う。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
タグ
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 まーちさんのブクレポ

いい話なんだけど・・・
デトロイト美術館の奇跡
3
あり!:40     コメント:0
“会社員”とは? <粗品レポ>
尻尾と心臓
2
あり!:40     コメント:0
一冊の本をめぐる、奇跡の物語
桜風堂ものがたり
5
あり!:45     コメント:0

 この書籍のブクレポ

夜の世界に集う 若者たち
アーミーさん
3
あり!:28     コメント:0
祝「山本周五郎賞」受賞!
こたろうさん
3
あり!:38     コメント:0

  佐藤多佳子の書籍のブクレポ

森崎古丹の正体に驚きました。
シロガラス 3
3
あり!:33     コメント:0
第二音楽室と同じシリーズの学園…
聖夜
4
あり!:10     コメント:0