ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
まーちさん 
30 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
とりあえず、宝くじについての本だと思って読んではい... » « 意外な展開を楽しめる短編集
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
KADOKAWA
2017年 02月 発売
255P
9784041040003

内容紹介

マレンと成島の夢は、穂村と上条の夢を叶えることだ―。部を引退した片桐元部長から告げられ、来年のコンクールへの決意を新たにする芹澤直子。ギクシャクした関係を続けるカイユと後藤朱里。部の垣根を越えてある事件を解決するマレンと名越。そして部のまとめ役の成島美代子...。清水南高校吹奏楽部に運命的に集まった個性的なメンバー。その知られざる青春と日常の謎を描く、大人気シリーズ書き下ろし番外篇!

最強のメンバーたちを描いた番外篇

3

「ハルチカシリーズ」の番外篇。
ということで、今回の作品では、「ハル」こと上条春太と、「チカ」こと穂村千夏は、主役ではない。
今回は、彼らの周りの、個性あふれる仲間たちの活躍を描いた、連作風の短編集となっている。

ポチ犯科帳─檜山界雄×後藤朱里─
吹奏楽部の打楽器奏者である、カイユこと、檜山界雄と、バストロンボーン奏者である、後藤朱里をめぐる話。二人とも、1年生である。
朱里の弟が犬を拾ってきたのだが、彼女たちの父親は、犬がまったく駄目なため、家で飼えないという。そこで、お寺の息子であるカイユの人脈を使って、里親を探してほしいというのだ。
カイユは、顔見知りの、犬を複数飼っているおばさんに頼んでみようと思ったのだが、彼女が飼っている、「平蔵」という犬の様子がおかしいらしい。
実は平蔵、ものすごく重大なことを、飼い主に伝えようとしていたことがわかり・・・

風変わりな再会の集い─芹澤直子×片桐圭介─
クラリネットのプロ奏者を目指す、2年生の芹澤直子と、元部長の片桐圭介をめぐる話。
直子は、穂村とカイユの話を聞いて気になっていた店で、おでんを食べてみることにした。ところが、支払いをしようと思ったら、一万円札しかなかったのである。しかたなくそれを渡すと、店のお婆さんは、お金を崩しに行ったまま、帰ってこないのだった。
そんな時、店にやってきたのが、片桐である。
直子は、ある理由から、彼とは、できれば顔を合わせたくないと思っていたのだが、彼から、ある相談を持ちかけられる。
しかし、かなりの時間が経っても、お婆さんは帰ってこない。さすがに不審に思った彼らは、予想外の事件(?)に気付き・・・

掌編 穂村千夏は戯曲のネタを回収する
チカが、部室で偶然発見したのは、「退出ゲーム(http://bookrepo.com/book/show/2408721参照)」の、幻のシナリオで・・・

巡るピクトグラム─マレン・セイ×名越俊也─
中国系アメリカ人で、アルトサックス奏者のマレン・セイと、演劇部の部長である名越俊也をめぐる話。「退出ゲーム」という話は、マレンを取り合って、吹奏楽部と演劇部が勝負をした話だった。
今回は、名越が密かにやっているバイトにまつわる話である。ひょんなことから、マレンも、そのバイトを手伝うことになる。それは、「スポーツ家庭教師」という、スポーツが苦手な子どもたちの指導をするというものなのだが、マレンは、生徒である子どもから、名越が、彼らから、“カネ”を巻き上げようとしていると聞き、名越を見損ないそうになり・・・

ひとり吹奏楽部─成島美代子×???─
現副部長の成島美代子と、ある人物をめぐる話。
吹奏楽の世界は、指導者によって大きく左右される。清水南高校の吹奏楽部も、草壁という顧問が就任したことによって、大会で、賞を獲れるほどまでになったが、かつては、部員が一人しかいなくて、廃部の危機に直面したことがあったことを知る。
美代子は、その危機を救った、<モチヅキ>という先輩のことを知ろうとするのだが・・・

望月が、部の活動ノートに書き残した言葉が、現在の吹奏楽部は、最強のメンバーが集まったということを気付かせることになる。
<ファイター(闘う人)><シンカー(考える人)><ビリーバー(信じる人)><コネクター(つなぐ人)><リアリスト(現実的な人)>、この5人のタイプがそろえば、優秀な指導者が去っても、部員が減っても、なんとかもちこたえられるというのだ。
吹奏楽部には、この、5つのタイプのメンバーが、しっかり集まっているということが、この作品を読むとよくわかる。

それぞれの話が、さりげなくつながっているのがいい。
草壁先生の謎に加え、望月という、気になる人物も現れたこのシリーズ。
本編の続きが待ち遠しい。


ちょっとネタバレになってしまうのだが、この作品を読んで、今まで、粗末に扱ってきた「ベルマーク」のシステムを知ることができた。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
タグ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  初野晴の書籍のブクレポ

最後で一気に盛り上がる!
惑星カロン
4
あり!:50     コメント:0
軽いけど深イイ話
空想オルガン
5
あり!:36     コメント:0
今回は、文化祭一色!
千年ジュリエット
4
あり!:26     コメント:0
ただの初恋じゃないよ
初恋ソムリエ
5
あり!:9     コメント:0
意外と社会派な青春ミステリー
初恋ソムリエ
4
あり!:34     コメント:0