ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
アーミーさん 
35 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
食欲と時間をぼったくられないようにご用心 » « まだまだ続く古書の謎やエピソード
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
宝島社
2016年 11月 発売
308P
9784800263421

内容紹介

アオヤマが理想のコーヒーを探し求めるきっかけとなった女性・眞子。11年ぶりに偶然の再会を果たした初恋の彼女は、なにか悩みを抱えているようだった。後ろめたさを覚えながらも、アオヤマは眞子とともに珈琲店“タレーラン”を訪れ、女性バリスタ・切間美星に引き合わせるが...。眞子に隠された秘密を解く鍵は―源氏物語。王朝物語ゆかりの地を舞台に、美星の推理が冴えわたる!

このシリーズがまだ続きますように

5

今回は中学生のアオヤマが登場します。
中学生になったばかりのころ、
学校になじめずに独りぼっちが多かったアオヤマは
年上の女性眞子との出会います。
眞子との出会いがが理想の珈琲を探し求めるきっかとなりました。

それから11年。
偶然の再会を果たした眞子とアオヤマですが、
彼女はなにやら悩みを抱えている様子。
理想の珈琲を探し当てたと、
アオヤマは珈琲店「タレーラン」へ眞子さんを案内し、
バリスタ・切間美星さんと会わせます。
どうやら眞子が夫の不倫に悩んでいると察し、
何とかならないかと思ううちに
安井金毘羅宮や御所などで
次々と不可思議な出来事とエピソードをきくことに。
アオヤマが遭遇する不可思議な出来事の謎を
鋭い観察眼と洞察力で、
バリスタ・美星は解き明かしていきます。
そしていよいよクライマックス。
源氏物語の浮舟になぞられた眞子のコンプレックスとは・・・。

サブタイトルの鴛鴦茶とは
珈琲と紅茶を混ぜ、
そこにエバミルクと砂糖を加える香港の飲み物だそうです。
鴛鴦とはおしどりを指す言葉らしい。
中国では、
異なるものが一つになったようすを表す言葉でもあるとか。
鴛鴦火鍋料理もその一つらしい。
「おしどり」というのもこの作品のキーワードでした。
最終的には、
浮気や不倫が全部の事件とつながっているわけで、
それを暗示するのに、
源氏物語の浮舟の巻を登場させたあたり、
京都通でないとなかなか思い浮かばないでしょう。

この巻でアオヤマと美星は
お互いを大切な存在と悟ったわけですが、
これでハッピーエンドとせず、
まだまだタレーランの謎解きシリーズ、続いてほしいと思います。



+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
タグ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 アーミーさんのブクレポ

リアル感たっぷりな短編集
犯罪小説集
3
あり!:38     コメント:0
囲碁に人生を捧げた一人の男性
幻庵 下
3
あり!:45     コメント:0
未来が見える能力
6時間後に君は死ぬ
4
あり!:30     コメント:0

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!