ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
アーミーさん 
35 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
モノノフは必読かも。 » « ぼったくられても教わりたい、お料理レシピとお料理コ...
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
角川書店
2013年 05月 発売
314P
9784041008270

内容紹介

「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズ(アスキー・メディアワークス刊)のオフィシャルブック。作品中で紹介されている12本の古今東西の名作タイトル(長編は一部、短編は全篇)を収録。「ビブリア古書堂」店主・栞子さんが触れている世界を体感できる、ビブリアファン必携の1冊。今では手に入りにくい作品や、冒頭を読んでみたいという欲張りな方にオススメです。巻末には、三方延氏の書き下ろしエッセイを掲載。

ビブリア的つまみ食い読書

3

これは古書&ビブリア古書堂ファンにはちょっとおいしい作品。
だが、全部載せているわけではないので、
あくまで「つまみ食い」の認識でいた方がいいだろう。

今までのビブリアに登場する数々の名作から
「これこそ!」と思われる作品を、ピックアップして紹介。
今までのシリーズものと違って、
原作をそのまま抜粋しているので、
栞子さんも大輔も出てこないので拍子抜けした。
そして、紹介された作品は、
文章の中の一部分だけを掲載して途中で終わってしまうので、
欲求不満が多かれ少なかれ残ってしまった。

●夏目漱石  『それから』より「一」抜粋  ●アンナ・カヴァン 『ジュリアとバズーカ』  ●小山清 『落穂拾い』  ●フォークナー 『サンクチュアリ』より「1」抜粋  ●梶山季之  『せどり男爵数奇譚』より「第一話 色模様一気通貫」「一」抜粋  ●太宰治   『晩年』より「道化の華」抜粋
●坂口三千代 『クラクラ日記』より「闇市にて」抜粋  ●国枝史郎  『蔦葛木曽棧(つたかずらきそのかけはし)』より「第一回 薮原長者」抜粋  ●アーシュラ・K・ル・グイン 『ふたり物語』より「第1章 ぼくの自己紹介」抜粋  ●ロバート・F・ヤング 『たんぽぽ娘』  ●F・W・クロフツ 『フローテ公園の殺人』より「第Ⅰ部 南アフリカ」「1 ダーティ・ロード隧道」抜粋 ●宮沢賢治  『春と修羅』より「永訣の朝」「昴」「真空溶媒」抜粋

ざっと目次を見ただけでも
古今東西、古書の中でも名作が並んでいる。
といっても、私など読んでもいないし、知らない作品も半数以上。
この作品でさらりとサワリを読めてラッキーだと思う。
「クラクラ日記」が読みやすかったのは収穫だ。

だが、私が一番よかったと思ったのは、
巻末に載っている三上氏のエッセイ
「収録された作品についての諸々」だった。
収録された作品についての短い解説もあり、
その作品への三上氏の想いも載っていて、
ビブリアシリーズの原点が見える気がする。
三上氏の本についてのエッセイももっと読みたいと思った。



+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
おすすめしたい人
男女共通
タグ
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

「たんぽぽ娘」が読めた!
りえこさん
3
あり!:0     コメント:0

  夏目漱石の書籍のブクレポ

時を考える。
硝子戸の中
4
あり!:0     コメント:0
「三四郎」三部作の破・急
それから 門
5
あり!:13     コメント:0
あの日、あの頃
三四郎
3
あり!:25     コメント:0
赤く燃える現実世界
それから
4
あり!:33     コメント:0