ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
アーミーさん 
38 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
篠田節子さんのエッセイ集 » « モノノフは必読かも。
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
朝日新聞出版
2011年 05月 発売
310P
9784022508577

内容紹介

これが最後の恋だと思ったのに...ひと目ぼれ、猛アタック、玉砕を重ねて42年。「変人」料理評論家草刈春男による、トホホな「B級グルメ」ラブ・ストーリー。

読書欲も食欲も満たされる作品

4

GW中、グルメ趣向の作品に目がいってしまいました。

でっぷり太った中年男の料理評論家・草刈春男が主人公の
連作短編集です。
この男、毎回出会う女性に惚れてあきれるほどの猛アタックをし、
絵に描いたような玉砕を繰り返します。
滑稽なほど、自意識過剰な春男の失恋物語。
でもやはり拓未さんですから、
美味しそうなグルメも毎回登場させています。

「麗しの横手やきそば」
「姫路おでんの純情」
「シロコロ・ホルモンのすれ違い」
「肉巻きおにぎりの青春」
「イタリアンスパゲッティの目覚め」。

私が気に入った料理は「姫路おでん」
姫路で食べましたが、なかなか美味しかったです。
拓未さんは、もとフランス料理店にお勤めだったそうですが、
作品には庶民的なグルメが出てきて親しみやすい。
読んでいるだけでよだれが出てきます。

恋の病でなくても、
食前に読めば、食事もおいしく頂けそうなお話しでした。


+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
おすすめしたい人
男女共通
タグ
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ご当地B級グルメのオンパレード
りえこさん
4
あり!:15     コメント:1
思い込みの激しいオヤジの、かん…
まーちさん
3
あり!:5     コメント:0
「インザプール」の伊良部のよう…
marissaさん
4
あり!:0     コメント:0

  拓未司の書籍のブクレポ

悪意を感じる物語
ボトムレス
4
あり!:5     コメント:0
関西人なら誰でも知っている辻調…
虹色の皿
4
あり!:0     コメント:0